リノール酸

>> リノール酸を含まない化粧品一覧はこちら

リノール酸についてもっと詳しく

リノール酸は、サフラワー油(ベニバナ油)やコーン油などに多く含まれていて、無色~淡黄色の油液で特異なニオイがある必須脂肪酸です。

リノール酸は、セラミドの主成分で、皮膚の乾燥、皮膚の老化、角化症などを防ぐ効果があります。

リノール酸は1950年代にコレステロール値を下げる働きがあると発表されたのですが、その後の研究により、悪玉コレステロールだけではなく、善玉コレステロールまでも減ってしまうという欠点がわかりました。

また、リノール酸は酸化しやすく、高純度の状態で使用すると皮膚に対して刺激があるため希釈して使われたり、エステルとして使用されます。

この成分の一般的な用途 油剤、不飽和脂肪酸
毒性判定辞典での毒性 無し
美肌マニアのカラー表示 白色

リノール酸を配合している化粧品 (57件)


サイト内検索