モクロウ

>> モクロウを含まない化粧品一覧はこちら

モクロウについてもっと詳しく

モクロウとは、ウルシ科植物のハゼノキの果皮より採取される脂肪の事を言います。

モクロウは脂肪の融点が高く、ロウのような感じがする所から、モクロウと呼ばれています。

主成分はパルミチン酸で80%程度を含有しています。
他にも、オレイン酸・ステアリン酸なども含まれています。

モクロウは融点が高く、硬いので、ポマードやチックなどの頭髪用製品の重要な原料として使われています。
また、ロウの代用として、坐薬(ザヤク)や軟膏の基材として使われていました。
この成分の一般的な用途 油剤、結合剤
毒性判定辞典での毒性 無し
美肌マニアのカラー表示 白色

モクロウを配合している化粧品 (434件)

クレ・ド・ポー ボーテ

クレヨンアスルシル 104
0.1g/2160円

マリークヮント

ブロウ ライン 02
-/1620円


サイト内検索