サフラワー油

>> サフラワー油を含まない化粧品一覧はこちら

サフラワー油についてもっと詳しく

サフラワー油は、キベニバナ種子から得られる油脂成分で、色は淡黄色でわずかに特異臭がします。
ベニバナは、ナイル河原産のキク科の草本で、天然の色素原料として古くから栽培されていました。

また、サフラワー油はサフラワーオイルやベニバナ油(ベニバナユ)と呼ばれる事もあります。ヒマワリ油(サンフラワー)と間違われる事がありますが別のものとなります。

サフラワー油は、マーガリンの原料などにも使用されたりしていますよ。

主要成分が必須脂肪酸のリノール酸で、リノール酸は血清コレステロールを低下させる作用があります。

ですが、リノール酸の過剰摂取は免疫力を低下させてしまうので、料理などへの使用は避けたほうがいいでしょう。

またオリーブ油と同様に用いられるが、不飽和脂肪酸が多いので安定性に劣るため、酸化防止剤と一緒に使われる事が多いです。
この成分の一般的な用途 油剤、閉塞剤、杏科
毒性判定辞典での毒性 無し
美肌マニアのカラー表示 白色

サフラワー油を配合している化粧品 (373件)

エルバオーガニックス

STMオイル
120ml/2700円

ポール & ジョー ボーテ

モイスチュア ローション N
200ml/4860円


サイト内検索