化粧品成分のカラー表示について

成分が一目でわかるように4種類のカラー表示

美肌マニアの成分は、成分を気にする方に人気の、『自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典 』を参考に、4種類のカラー表示にわけています。

それぞれのカラーの意味

『毒性判定辞典』の△が黄色、■がオレンジ、■■が赤色で表示しています。
『毒性判定辞典』に載っていない成分は類似する成分と同じ判定となっています。

主に合成界面活性剤が赤色で、オレンジ2つで赤1つ分、黄色3つで赤1つ分の毒性と判定されています。

あくまでも目安にお使いください

天然の成分がいい・合成の成分が悪いと必ずしも言えるわけではないと思いますが、合成材料がたくさん入っているのに、
無添加コスメ、自然派コスメ、オーガニックコスメと謳っている化粧品も少なくありません。

サイト内検索