手荒れを防ぐ為のちょっとしたコツ4つ

過ごしやすい季節になったのはいいけれど、少し涼しくなると共に、ハンドクリームを塗っても塗っても追いつかない手荒れに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

お顔の手入れはしていても、なかなか手のケアまで時間が裂けないですよね。

今回は、日常にちょっと取り入れるだけで簡単に出来るハンドケアをご紹介します


Ads by Google

手荒れ予防の4つのポイント

お湯を使わずにぬるま湯で洗う

寒いからと言って、温かいお湯で手をあらっていると、皮脂が流されて手荒れの原因になってしまいます。

かと言って、冷たい水で洗うと血行が悪くなり、こちらも手荒れを引き起こしてしまうので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

薬用石鹸は使わない

普段から薬用石鹸を使っていませんか?
確かに、風邪などのウイルス対策には薬用石鹸は有効ですが、その分殺菌力が強いので、刺激が強く、手荒れを引き起こしやすいのです。

普段の手洗いには、普通の石鹸で十分汚れを落とすことが出来ます。
できるだけ刺激の少ない固形型の石鹸で、泡立てネットなどを利用して泡立てると刺激が少なくなります。

洗いものをしながらケアをする

食器洗い洗剤の裏側にも書いていますが、必ず食器を洗うときは、ゴム手袋を使いましょう。
そのときに、ハンドクリームを少し多めに塗って、布製(綿かシルク)の手袋をし、その上からゴム手袋をしてお湯で洗うと、食器を洗うときのお湯のスチーム効果でクリームが肌の奥まで浸透しツルツルになります!

時間に余裕のある方はティッシュパックを

ハンドクリームを塗る前に、保水をしてあげると更にしっとりなります。
週に1回、ティッシュパックをすると効果的です。

  1. 手の甲にティッシュを1枚乗せ、上から化粧水を塗る。
  2. ティッシュを指にも巻きつけ、ビニール袋に入れて5分待つ。あまり長くやりすぎると、逆に水分が奪われるので気をつけてください。
  3. ハンドクリームを両手で温めてから全体に塗る。

温めることで、浸透力がアップします。

他に、指先の乾燥やささくれが酷い場合は、ぬるま湯にハンドクリームを溶かし、
数分間指先を浸けておく、ぬるま湯パックも効果的です。

いかがでしたか?

まずは、手を洗ったあとに、水分を残さずしっかりふき取ってくださいね。
なるべくこすらず、ふっくらとタオルを押さえつけるように拭くと良いですよ。
ちょっとした日常の工夫で、一年中しっとりした手元を手に入れましょう!


Ads by Google




サイト内検索