ナチュラルメイクでキレイに魅せるチークの塗り方

男ウケナンバーワンモテメイクのナチュラルメイク!
ナチュラルメイクは手抜きメイクとも違うし、ノーメイクに近いというわけではありません。

  • きちんとメイクしているのにナチュラルに見える
  • すっぴんもキレイなんだろうなと思わせる

そんな上級者メイクなのです。
今回は、ナチュラルメイクをよりキレイに魅せるチークの塗り方をご紹介します☆


Ads by Google

ナチュラルメイクのチークの選び方

初心者はパウダーチークが塗りやすい

クリームやムース型のチークも最近はでていますが、ナチュラルメイク初心者にはパウダーチークが調整しやすくておすすめです。

ナチュラルに見えるチークの色

日本人の肌は大きく分けて2種類にわかれています。

肌タイプ こんな人 チークの色
ブルーベース クールな雰囲気の人に多い、青みが多くて色白の肌 黄みの少ないピンク色
イエローベース 暖かい雰囲気の人に多い、黄みが多い肌 コーラルピンク・オレンジ

ブルーベースで色白な方は、より自然に見せるために薄目のピンク色にしましょう。
肌にない色選びをしてしまうと不自然になってしまうのです。

ナチュラルメイクのチークの入れ方

チークブラシがあると塗りやすい

チークはプチプラのもので構いませんが、付属のチークブラシよりも専用のブラシがある方が、ナチュラルメイク初心者でも上手に塗ることができます。
いいブラシを大切に使えば一生モノですよ!

チークはベースメイクが完成してから!

リキッドファンデを塗った後は必ずお粉で仕上げてからチークを塗りましょう。
仕上げ前に塗ってしまうと、チークがむらになってしまいます。

ブラシに取って手の甲で調整する

いきなりチークを顔つけるとつけすぎてしまったりします。
ブラシに取ってから手の甲で調整してからつけましょう。

頬の高い位置から内側につける

目の下の頬の高い位置から内側に向かってブラシを軽くすべらせるようにしてつけます。
逆に内側からつけると、おてもやんみたいな顔になってしまうのです。

頬がこけ気味の方は塗り方に注意を

頬がこけ気味の方は、少し内側に丸くいれてぼかすようにするといいでしょう。
外側から内側に塗りすぎてしまうと、こけている部分が強調されてしまいます。

ポイント!まぶたやあごの先にも薄く付ける

頬に塗ったあとの少し残った状態でかまいませんので、まぶたや顎の先に少しだけふんわりとのせます。
頬にだけ突然色が入るよりも全体的にふんわりしていている方がより自然に見えます。

いかがでしたか?

ナチュラルメイクの時のチークの入れ方を紹介させて頂きました。
ナチュラルメイクは上級者メイクですが、コツを掴めば美人度がかなりアップするのでぜひ習得して下さい☆


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索