放射能の影響から身を守るための主な栄養素と野菜

目に見えず、すぐには影響がわからない怖さがある放射能。
実は、効果的な野菜の摂取が防御策になるとか。

86年に起きたチェルノブイリ原発事故では、被爆した子供たちにビタミンEやαリポ酸などを継続的に服用させたところ、放射線障害を軽減できたとの報告もありました。

キーワードは『抗酸化物質』。
主な栄養成分と含まれる野菜を紹介します!


Ads by Google

抗酸化物質を含む野菜や果物

αリポ酸

アンチエイジング効果もあるとして注目のαリポ酸。
また、脂肪をエネルギーに変えてくれる効果もあり、ダイエットにも良い成分です。ダイエット本で人気の『タニタ食堂』でもブロッコリーは一押しだとか。

  • ブロッコリー
  • じゃがいも
  • にんじん
  • トマト

アリシン

にんにくなどの特有のニオイの元となるアリシン。
脂肪燃焼効果や代謝を高める効果もあります。

  • にんにく
  • たまねぎ
  • にら
  • ねぎ

ポリフェノール

高い抗酸化作用で、活性酸素の働きを抑えて美肌にも◎

  • 赤ワイン
  • ココア
  • ブルーベリー

β-カロチン

カボチャ

悪玉コレステロールを減らして、血中脂質を正常化させる作用により、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも!

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • トマト

ビタミンC

風邪の予防や、シミ・シワの予防にも役立つとされるビタミンC。
コラーゲンの生成にも必要ですので、美肌マニア欠かせない成分です。

  • ブロッコリー
  • いちご
  • アセロラ
  • 赤ピーマン
  • こまつな

ビタミンE

ビタミンEも強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにし、美肌にも役立ちます。

  • しそ
  • かぼちゃ
  • ニラ
  • 唐辛子
  • 大根の葉

いかがでしたか?

抗酸化物質は、アンチエイジングやシミ・シワ予防などの美肌にも効果があるだけでなく、血液をサラサラにして成人病の予防にも役立ちます。
美しさと健康のためにも、ぜひ積極的に摂取したいですね!(*^○^*)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索