腰肉を落としてウエストのくびれをゲットする方法

腰肉は、ウエストとヒップの間にある重たい肉のことです。
ここに肉がつくと、ボディラインが保てません!
ヤバい…と思っている方、必見!腰肉を落とす方法ををご紹介します。


Ads by Google

腰肉を落とす方法

腰肉がつく原因は、筋力の低下です。
腰肉に限らず、筋肉があるところに贅肉は定着しにくい ので引き締めることが重要です。
そのために簡単にできるエクササイズをふたつご紹介しましょう!

腹筋を上手に使って上半身をねじる

腰といえば、やはりねじる!
ねじって余分な贅肉を絞りだしましょう。

お腹~腰周りが意識できるレギンスなどを着用するといいですよ!

  1. 足を立膝にして腰幅程度に保って座り、背筋をまっすぐ伸ばして両手を胸の前で重ねる。
  2. 大きく息を吸ったら、息を吐きながらウエストから上半身を絞るように、背筋を伸ばしたまま左へねじる。
  3. そのまま息を吸いながら、上半身を元の位置へ戻し、息を吐きながら今度は右へ同様にねじる。
  4. ゆったりとした呼吸に合わせ、左右交互に10回ずつ行う。

腰回りを引き締めて、ついでにヒップアップ

お尻を持ち上げると腰回りの筋肉を鍛えることはもちろん、ヒップアップも期待できます。
このエクササイズはヒップを持ち上げるのが最初は大変ですが、毎日続ければレベルアップできます。

  1. 立膝で仰向けに寝て、脚は腰幅程度に開き腹部にキュッと力を入れる。
  2. 息を大きく吸ったら、息を吐きながらヒップを床からゆっくり持ち上げる。
  3. 一度息を吸い、息を吐きながら骨盤を元の床の位置へゆっくりおろす。
  4. この流れを8セット繰り返す。

このエクササイズは、ピラティスの「ヒップロール」を取り入れたものです。
最初は、なかなか腰を持ち上げるのがきついので、低めに持ちあげても大丈夫です。
続けていくうちに徐々に高い位置まで持ち上げられるようになります。

エクササイズのポイント

いきなり頑張ってしまうと、腰を痛める事があります。
呼吸に合わせてゆっくり、そして無理しない程度に行うことを優先させてください。
最初はなかなか上半身のねじり範囲が小さくても、だんだん広くねじれるようになります。

いかがでしたか?

まずは、この2種類のエクササイズを朝晩10分ずつ 行ってみてください。
筋力が落ちている腰回りは贅肉が落ちにくいので、あせらず1か月ほどを目安に様子をみましょう。
毎日続ければ、2ヶ月くらいで腰回りが締まってくるのを実感できると思われますよ!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索