美容の大敵!夏の冷え性対策できていますか?

夏の冷え対策

夏の暑さは体に不調をもたらすので、適度に体を冷やす事は必要です。
しかしそれも度を超すと夏バテなど体調不良の原因になってしまいます。

また、女性にとって冷えは、女性ホルモンのバランスを崩す原因にもなり、美容面でも大敵なんです。

今回は、体を冷やしすぎないコツをご紹介します!


Ads by Google

体を冷やさないために

体を冷やさないためには、冷房だけに気を付けていればいいと思っていませんか?
いいえ、夏は冷房だけが体を冷やす原因ではないのですよ。

体を冷やす原因

  • 下半身の筋肉不足
  • ストレスによる血行不良
  • 冷房の悪影響
  • 間違った入浴法
  • 薬の飲みすぎ
  • 体を冷やす食べ物と食べ方

夏場は冷房と体を冷やす食べ物などが原因になる場合が多いようですね。
とはいえ、それ以外に思い当たるもの(ストレス、薬など)があれば、まず生活の中で改善するように心掛けてください。

体を冷やさないコツ

原因を知ったところで、体を冷やさないためのコツをおさえておきましょう。

運動

まずは、歩くことです。
体を冷やす原因の「下半身の筋肉不足」は、まさにこの歩くことで改善されます。
シンプルでありながら、下半身を鍛えるには大変効果的です。
ちょっとした外出、通勤、会社内の移動などで、階段を使ったり一区間歩くなど工夫しましょう。

入浴

暑いとついシャワーだけ…という人も多いと思いますが、夏だって湯船につかることがとても重要なのです。

  • 水(ぬるま湯)とお湯に交互につかると血液の循環がよくなり、自律神経の働きを活性化する
  • 半身浴、おへそから下だけ、足浴などで下半身の血流をよくする
  • 10~15分お湯に入ったあと、2~3分の休憩をとってまた入るといった小分けにした方が体が温まる

食事

暑いときには、体を冷やす食べ物で余分な熱を取ることも必要です。
しかし、そればかりだと冷え過ぎてしまうので、ちょっとそこに体を温める食べ物を加えるのがコツです。

  • そうめんを食べる時には、体を温める効果のある薬味(しょうが、ねぎ)などをたっぷり加える
  • サンショウ、コショウ、わさびの調味料も体を温めてくれるので、料理の味付けに積極的に使う
  • ビールやウイスキーより日本酒、ワインなら白より赤
  • お酢より塩、また塩辛いもの(ただし塩分の摂りすぎには注意!)
  • 緑茶より紅茶

基本的に体を温めるといわれているのは、暖色(赤・黒・黄・橙)の食べ物です。

根菜類 れんこん、にんにく、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、たまねぎ、山芋
魚類 イワシ、サンマ、さけ
北方産果物 りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン

夏野菜とうまく組み合わせて冷えすぎない献立を考えましょう!

環境の見直し

冷房の中で一日過ごす事のないような環境をつくりましょう。
どうしても、冷房環境を調整できない場所にいる場合は、体を守る工夫をします。

  • カーディガンやひざかけを用意する
  • 冷房の風が直接肌にあたらないよう、ハンカチやスカーフを首や肩に巻いておく
  • 温かい飲み物を飲むようにする

いかがでしたか?

夏場は、暑さとそして冷えをバランスよく調整することが体調を崩さないためのコツです。
上手に工夫して、体に負担なく夏を乗り切りましょう!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索