白い歯で好感度アップ!知っておきたい歯のホワイトニング

白い歯

口元からこぼれる真っ白な歯は、清潔感があって素敵です。
最近は就職面接のために歯並びを矯正したり、また歯を白くするホワイトニングをする人が少なくないようです。
好感度がアップする歯のホワイトニングについてご紹介しましょう。


Ads by Google

歯のホワイトニングとは?

ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、また歯の中にある色素を分解して歯を明るく、そして白くする技術で、1989年にアメリカで実用化されました。

昔は削ってセラミックをかぶせたり、差し歯にすることでしか歯を白くできませんでした。
しかし今はホワイトニング技術の発展で、手軽に黄ばんだ歯を白くすることが可能になっています。

ホワイトニングの方法

ホワイトニングには、大きく分けると2つの方法があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニング治療です。
ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも多く過酸化水素を使用するので、短時間で白い歯にできることが最大のメリットとなります。

※オフィスホワイトニングの手順

  1. 歯の清掃と歯石除去
  2. 歯肉にプロテクターを装着(歯肉にホワイトニング剤が直接かからないように)
  3. ホワイトニング剤を塗布
  4. 一定時間放置(2~3分)
  5. 光線を照射 (ホワイトニング剤の活性化)
  6. 歯を水洗い

このサイクルを1日に数回で完了、もしくは日にちを分けて数回おこないます。
これは歯科医によって違うので要確認です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で行う歯のホワイトニング法です。

※ホームホワイトニングの流れです。

  1. かかりつけの歯医者で、ホワイトニングが可能かどうかを診断してもらう
  2. ホワイトニング出来ると判断した場合、ホームホワイトニング用のマウスピースを作成してくれる
  3. マウスピースが完成したら、ホームホワイトニングキットや施術法のカウンセリングを受ける

※自宅でのホワイトニング

  1. 作ってもらったマウスピースにホワイトジェルを入れて歯に装着する
  2. 日中30分~1時間程度装着する方法、もしくは夜寝ている間に使用する方法があるのでどちらかをチョイスする
  3. 時間がきたら取り外して歯磨きをする
  4. マウスピースに残ったホワイトニングジェルは低温水で洗い流す

ホームホワイトニングの方法はこの流れを毎日行います。

どちらもホワイトニング効果はありますが、特徴としてオフィスホワイトニングの方が即効性があります。
そしてホームホワイトニングは、費用も安くすみ、オフィスホワイトニングより効果が持続するという点があります。

またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することも可能です。

ホワイトニングのメリットデメリット

自分の歯を削ったり、抜いたり、傷めたりすることなく、白くすることができるのもホワイトニングの大きなメリットですが、デメリットもあります。

メリット

  • 回数によって白さを調整できるので、人に気付かれずに自然にホワイトニングができる
  • 結婚式やパーティなどイベントがある時、1回で効果が出るホワイトニングもあるので必要に応じて利用できる

デメリット

  • 通常のホワイトニング効果は半年~1年で、その後は追加のホワイトニングが必要になる
  • 人工の歯や変色が激しい歯などにはホワイトニングはできない

いかがでしたか?

まずは正しい歯磨きで健康な歯を維持し、その上で見ための美しい白い歯を目指すのもよいですね。
ホワイトニングにあたっては、しっかりと情報収集をして満足のいくようにしてくださいね!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索