ワンランク上の女性に!浴衣に似合うメイクのポイント

花火大会、縁日など、夏は浴衣でのおしゃれが楽しみですね。
とはいえせっかく浴衣を着るのですから、いつもと同じメイクだとちょっとアンバランスです。
そこで浴衣に似合うメイクのポイントをご紹介しましょう!


Ads by Google

浴衣メイクの基本

そもそも浴衣は「湯上り着」なので、素材が柔らかいです。
なので洋服と同様のばっちりフルメイクが似合うはずもありません。
ゆかたの柔らかな素材、そして軽さはどこかのパーツで力をぬいたバランスメイクが似合います。

  • 目もと…ライン重視
  • 口もと…ナチュラルが基本

ベースメイクのポイント

和服のメイクは「マットに」と思いがちですが、マット感が過ぎる肌は圧塗り感の原因になります。
ですから、軽い雰囲気の浴衣の場合は適度なつや感があった方がよいです。
リキッドと軽めのパウダーで仕上げ、パール感を出しましょう。

アイメイクのポイント

浴衣のアイメイクは色見を強調しないで、ラインで涼しげにまとめることがポイントです。

アイシャドウ

アイシャドウは浴衣の色に合わせてもOKですが、できれば肌に馴染みやすい色を選びましょう。
馴染みやすい色とは、近づいて見ると色が分かる程度のものです。
ほんのりパール入りのものもOKですが、粒が大きすぎるラメは避けた方がよいですね。
白が加わったパステルカラーが間違いなし!

パステルカラーのアイメイク

眉は長めにひきますが、眉山を強調しすぎないことに気を付けましょう。
細すぎる眉や、眉山でグイッと角度をつけた眉は浴衣の柔らかさには似合いません。

ゆるやかなカーブでスーッと眉尻を長めに描くと雰囲気がでます。

マスカラ

まつげはカールさせません!
「ええぇーー!」と思うかもしれませんが、浴衣美人の印象は切れ長の瞳です。
その代わりマスカラはOKですから、まつげが長くなるタイプやツヤタイプなどがよいでしょう。

特に、目尻にたっぷりマスカラをつけましょう。

アイライナー

浴衣は和服だからリキッドアイライナー?? ではありません。
デカ目、目力ばっちりラインではなく、ペンシルで目じりを少し強調し、切れ長に見せる演出で十分です。
ぼかしがきく、クリームアイライナーも使いやすいですね。

チーク

普段あまりチークを使わない人も、浴衣の時には是非つかいましょう。
チークで血色感を上げると、湯上りの上気した頬を華やかに演出することができます。

肌の内側から発色する感じのクリームタイプのなどがお勧めです。

口元

口紅はピンクベージュなどのなじみ色が無難です。
プラスグロスでニュアンスを持たせると、メイク上級レベルです。
ゆかたの色によってレッドやローズ系の濃色で華やかにするのもよいでしょう。

浴衣にぴったりのメイク術

マニキュア&ペディキュア

顔は常に目に入る部分なので、少し色見を抑えた控えめな華やかさが浴衣美人を作りますが、手元や足元は多いに楽しみましょう。
ゆかたと色あわせを楽しむもOK、強い色を短めの爪に塗るのも夏の暑さに映えるおしゃれなのでOKです。

いかがでしたか?

浴衣の特徴をうまく生かしながらも、今風のアレンジをとりこむ。
今年は、ワンランク上の浴衣美人になっちゃいましょう!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索