これで安心!太らないビールの飲み方

ビール

乾いた喉に「グビッ!」と流し込むビールはたまりませんよね!
ビヤガーデンやオクトーバーフェストなどビールのお祭りなども各地で開催されていて飲みたくなりますね!
いろんな種類が飲みたい!!しかし、その美味しさと背中合わせにあるのが「カロリーオーバー」・・・。
そこをなんとかしたい!ということで、太らないビールの飲み方教えちゃいます!


Ads by Google

ビールで太る理由

残念ながらビールは飲み方に気をつけないと太るのが事実です。
その理由は・・・

ビール自体が太りやすい要素を持つ

お酒のカロリーは、含まれるアルコールの割合に左右されます。
アルコールは1gあたり7kcalなので、炭水化物やたんぱく質(共に1gあたり4kcal)よりずっと高カロリーです。
基本的にはアルコール度数の高いお酒は、カロリーも高くなると覚えておきましょう。

お酒の種類 カロリー
缶ビール1本(350ml) 約140kcal
中ジョッキビール1杯(500ml) 約210kcal
乙類焼酎1合(180ml) 約260kcal
ウイスキーシングル(30ml) 約70kcal
ワイン1杯(120ml) 約85kcal

比較すると特にビールのカロリーが高いと思えませんが、飲む時間がポイントなのです。
一気に飲むほど美味しいビールは、短時間でかなりの量を飲むことが多いですね。
その性質上「一回の飲み会あたりのカロリー」としては、ビールが他のお酒よりもカロリー過多になりすぎる傾向にあると言えるのです。

ビールと相性のいい食べ物には太りやすいものが多い

ビールは、炭酸を含む飲料の特性として「食欲増進効果」があると言われています。
またビールのおつまみは揚げ物など油を使った料理と相性が良いので、ついつい唐揚げやフライをオーダーしてしまい、結果としておつまみ自体が高カロリーになりがちなのです。

太らないビールの飲み方

ビールが太る理由として、ビールそものもよりも一緒に食べるものによって影響されるという事がわかってきました。
そのあたりをふまえて、太らないビールの飲み方をご紹介しましょう!

おつまみを選ぶ

ビールと一緒に食べても太りにくいものです。

脂が少ない高たんぱくのもの

  • 豆腐類
  • 鶏のササミやムネ
  • 内臓(ハツやセンマイ)
  • 馬肉など

食物繊維が多いもの

  • きのこ
  • 海藻
  • 野菜料理
  • 切り干し大根
  • かぼちゃ煮
  • ひじき煮などのお惣菜
  • 納豆
  • 枝豆など

良く噛む必要があるもの

  • 野菜スティック
  • ゴボウ
  • こんにゃく
  • イカの干し物など

食物繊維を多く含むおつまみを、ビールを飲む前に食べておくとビールが体脂肪になりにくいのでお勧めです♪♪

飲むビールを選び、量を抑える

ビールも種類が豊富です。
今は糖質0や、カロリーハーフのタイプも多くでていますが、このようなビールはやはり淡泊でアルコール度数も低いのでついつい多く飲んでしまいます。
しかし、結局カロリーはトータルで考えますから、やはり量を加減しなければなりません。

そのためのポイントです。

  • 小さなジョッキで飲む
  • ゆっくり飲む
  • 間にお茶やミネラルウォーターなどノンカロリーのソフトドリンクを飲む
  • 飲みに行く頻度を下げる(当たり前?)
  • ノンアルコールの日を設ける

ノンアルコールの日を設けて肝臓を休ませることは大変重要です。
肝臓は代謝を促進する働きがあるので、ダイエットには欠かせません。
しかし毎日アルコールを飲んでいると、アルコールの分解ばかりに機能し、代謝機能が落ちてしまうのです。
太らずにビールを飲みたければ、肝臓の事も忘れないでください。

いかがでしたか?

ちょっとした工夫とちょっとの我慢で、太らずに美味しくビールがいただけるなら、これに超したことはないですね。
是非、ビールを飲む時に取り入れてみてくださいね!∩(´▽`∩)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索