お肌に優しくムダ毛処理ができる『抑毛ケア』のやり方

これからの季節、肌を出すファッションになってムダ毛処理が欠かせなくなります。
しかし、脱毛は肌に負担をかけ、敏感肌の人には特にリスクが高いです。
そこで「抑毛」で肌に優しい体毛ケアを取り入れてみませんか?


Ads by Google

抑毛(よくもう)について

抑毛は発毛を「細く・少なくする」して抑制するという類のものです。
ムダ毛を処理するのに一番いい方法は、軟毛化させ、毛が生えている部位や密度を少なくする事だと言われています。
抑毛は、まさにその理にかなった体毛処理なのです。

抑毛と脱毛の違い

どちらもムダ毛や体毛の処理が目的ですが、それぞれ特徴があります。

脱毛 体毛を剃ったり抜いたりして毛を完全に無くせるが、肌に負担が大きい
抑毛 体毛の数を減らしたり、細くしたりして全体に抑制するので時間はかかるが、肌に優しい

脱毛はレーザーで行うと楽に綺麗に処理できますが、これには費用がかかります。
また自分で剃る場合、毛が濃くて太いと処理しにくいし、カミソリ負けで肌を傷める事もあります。
もちろん、目的や肌質そして毛の状態で決めればよいのですが、やはり肌に負担のない抑毛に注目が集まっているようです。

抑毛のメカニズム

では抑毛はどんなメカニズムで作用するのでしょう?

そもそも、体毛は男性ホルモンの影響です。
つまりムダ毛の濃い女性の場合、体質的なものや遺伝的に男性ホルモンが多いことが考えられます。

ですから、この男性ホルモンを減らさなければなりません。
それには女性ホルモンを配合した抑毛ローションにより男性ホルモンを中和して抑毛するというわけです。

とはいえ、本当の女性ホルモンを配合するのは不可能なので、女性ホルモンに似た成分、「大豆エキス」が有効成分として使用されているのです。

抑毛ローション

「大豆エキス」などが配合された抑毛ローションは、脱毛剤のように強い成分を使っていませんから赤ちゃんや子供にも使えるものが多いです。
豆乳や、また果物のパイナップルには毛のたんぱく質を分解させるパイナップルエキスがあり、これらを抑毛ローションの成分として配合しているようです。

NEWパイナップル+豆乳ローション

抑毛の方法

抑毛は、抑毛剤を使っておこないます。
抑毛剤にはローションやクリーム、ジェルタイプがありますから、使い心地で選びましょう。

使い方

入浴後、毛穴が開いている状態で抑毛剤を肌に塗ります。
毛乳頭に働きかけて毛を細くし、そして少なくしながら抑毛コントロールしていく効果があります。
脱毛のように即効で毛が無くなりませんが、徐々に薄くなっていき肌に無理なく体毛処理ができます。

抑毛グッズ

抑毛剤以外のグッズに抑毛石鹸があります。
これは体を洗うだけでムダ毛処理ができる石鹸なので、毎日のお風呂でムダ処理ができます。
ボディソープタイプもありますから、便利ですね。

いかがでしたか?

女性はホルモンバランスで肌が敏感になったりすることもあり、脱毛はやはり肌に負担になるリスクが高いです。
早め早めに抑毛ケアで、少しづつ体毛処理ができれば、お肌にとって超したことはありませんね。
脱毛ばかりにとらわれないで、抑毛ケアを試してみてはいかがでしょう?



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索