ナチュラルメイクのためのコスメ色選び

ナチュラルメイクのためのコスメ色選び

ナチュラルメイクは単なる薄化粧とは違います。
もちろん基本は「薄く」が大切ですが、眉毛の描き方、アイメイクの仕方など薄いながらもポイントはあります。
その中から、ここではナチュラルメイクのためのコスメ色選びと、メイクテクのポイントをご紹介します。


Ads by Google

ナチュラルメイクの考え方と色の基本

ナチュラルメイクは「自然にみせる化粧」というイメージになります。
元々持っている肌を美しく自然にみせる事ができるメイクスタイルといってもよいでしょう。
メイクをして自然にみせるということは、考え方によっては一番難しいといえるメイク方法かもしれません。

そしてナチュラルメイクを決めるコスメ色の基本はオレンジ系です。
オレンジを基本としてレッド系やブラウン系・ゴールド系などの色とグラデーションにして使っていくことがポイントです。
それらをパーツ別でご紹介しましょう。

ファンデーション

まずはメイクはファンデーション選びから始まります。

  • ファンデーションは自分の素肌に近い色のものを選び、かつ肌色をより自然に魅せる為に少しオレンジがかったものを選ぶ
  • パウダータイプであれば、一塗りで済ませること
  • コンシーラはなるべく使わない方がいいが、使う場合はペンシルタイプで面積は小さくおさえる

ナチュラルメイクのファンデーションというとミネラルファンデーションが人気が高いようです。
ファンデーションひとつで日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、パウダーまでが可能というのは嬉しいですね。

アイメイク

ナチュラルメイクでもアイメイクは必須です。
シャドウやアイラインで、自然でいながら目元が引き締めるメイクをしましょう。

  • アイシャドーはゴールド系のベージュ(シャンパンカラー)と深みを出す為に赤茶の色を重ね塗り
  • 下まぶたに1cmくらいの幅でピンクのアイシャドーを塗ると瞳がウルウルして見える効果あり
  • アイラインはゴールドブラウンでまつ毛の根元を埋めるように塗っていく
  • マスカラは透明タイプでボリューム系よりカール系のものを使う

アイシャドーは、ブラウン系アイシャドーでハイライト・メイン・ダークの3色セットでパール入りが使いやすいです。
マスカラは濃いブラウンでも黒でも構いませんが、透明タイプだと自然さが一層表現できますね。

チーク

ナチュラルメイクでも必ずチークは塗りましょう。
顔色が良くなり、印象も高感度がアップします。

  • ほお骨に沿った高い位置に、オレンジ系の赤色のほお紅をボカシこむように入れる

お風呂上りに、自然に赤くなる頬の血色点を覚えておくのもいいですね、
そこが一番自然なチークの位置となります。

口紅

口紅はグロスの使い方がナチュラルメイクのポイントになります。

  • オレンジ系のブラウンをペンシルで唇の輪郭をとり、イエローゴールドのグロス口紅を塗る

グロスだけをぬる人もいますが、口紅を薄くしてグロスメインで塗った方が顔全体にツヤ感をもたらし全体的にキレイに見えます。
逆に子供っぽい顔で悩んでいる方は、口紅を塗った後に少なめにグロスで仕上げるとバランスが良いでしょう。

いかがでしたか?

メイクは色を楽しみたいという気持ちもありますが、ナチュラルメイクだとやはり使えない色がありますね。
ただ、上記のコスメ色はあくまでナチュラルメイクの基本色としてご紹介しましたので、工夫して自分なりのナチュラルメイクを完成させるのも素敵ですね!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索