たったの100円でできる髪をサラサラにする方法

色の白いは七難隠すといいますが、確かに透き通ったツルツルの美肌は美人度アップしますよね。
それと同じく、サラサラの髪も美しさのポイントではないでしょうか。

今回は、たった100円でできる、今すぐ試せる方法をご紹介します☆

みなさんはどんな櫛(くし)をお使いですか?

プラスチック製のくしは控えよう

ブラシやコームなど、キラキラしたかわいい物も手頃な価格で買えますよね。
プラスチック製のものをお使いの方は、髪をとかす時に『パチパチっ』となったことあるのではないでしょうか。

特に冬場は乾燥しているので、プラスチック製ですと静電気を発生させてしまうんです。
この静電気は、毛乳頭に刺激を与えてしまい抜け毛や切れ毛の原因になってしまいます。

つげ櫛がおすすめ!

和小物 椿油仕立本つげ櫛(くし・クシ)

プラスチック製の櫛やブラシではなく、木でできたつげ櫛がおすすめです。
静電気の量にどれくらいの差があるかというと、

通常の櫛 3600V
静電気加工の櫛 660V
つげ櫛 10V

愛知工業大学の実験結果ですが、すごい差ですよね。

つげ櫛はドラッグストアや100円均一でも手に入るよ!

つげ櫛は、細工された薩摩本柘の櫛など数万円する高級品もありますが、実は100円均一でも手に入るんです。
ちなみにダイソーやキャンドゥでも売っていましたよ(^O^)

手に入らない場合は、ドラッグストアでもシャンティという会社がマペペというブランドで700円くらいで売っています!


木の櫛にするだけでまとまりかたが全然違う!100均でこの結果なら本物の椿油で加工されてるものだとどうなるか気になる…一生物として買ってみたいかも… RT @: たったの100円でできる髪をサラサラにする方法 http://t.co/FrzvvJU4
@ku11ro15n
くろーん

さらに効果的に使うポイント

椿油を染み込ませる

つげ櫛は水で洗うことはやめておいたほうがいいので、ツバキオイルでお手入れしましょう。

大島椿OST 60mL

高級なつげ櫛は最初から椿油を染みこませているので、櫛自体が飴色をしているのですが、100円均一のものだとその加工がされていません。
椿油が染み込んだ櫛を使うと、溶かすたびに少しずつ髪に椿油がついてサラサラになるんです。
もちろん、プラスチックの櫛からつげ櫛に変えただけでも効果はありますが、さらに効果を求めるなら椿油を染みこませてはいかがでしょう?

椿油を染み込ませる方法

ジップロックやビニール袋に椿油を入れて、つげ櫛を入れ、一晩寝かせます。
または、コットンに椿油を浸してラップやお皿の上などにおいて、櫛自体をパックするようにしてもいいでしょう。

いかがでしたか?

もちろん100円均一のつげ櫛に買えるだけでも静電気が抑えられて効果がありますが、椿油は皮膚に近い成分の油で、頭皮にもよくてトリートメントにも使えますので一つ持っていても損はないと思います( ´∀`)
ドラッグストアでも手軽に買うことができますので試してみてくださいね〜(^O^)


Ads by Google




サイト内検索