本当に肌にいいの?ミネラルファンデーションの効果

最近注目されているミネラルファンデーション。
最近はファンデーションだけでなく、チークやコンシーラーも”ミネラル”になっていますよね。
ミネラルだと、「お肌に良い」、「つけたまま寝ても大丈夫」と言われていますが、本当かどうか不安ですよね。
今回はミネラルファンデーションについて詳しく学んでいきましょう。


Ads by Google

ミネラルファンデーションとは?

ミネラルファンデーションは、1970年代に手術痕や火傷の跡にも使えるようにアメリカのドクターにより開発された自然派ファンデーションです。
化学物質を使わない、天然の鉱物(=ミネラル)だけを原料とし、防腐剤やオイル分を使っていないために肌への負担が少ないことが知られています。

おもな成分はUVA・UVBをカットをする二酸化チタンや酸化亜鉛、マイカ(雲母)などで、紫外線吸収剤を使わない日焼け止めに使用されている鉱物です。

SPF値は約10~20のものが多く、軽い日焼け止めがわりにもなります。
色は酸化鉄などの自然な原料で、タール色素は使っていません。

鉱物使用ということで、「金属アレルギー」の心配がありますが、大丈夫な人がほとんどのようです。

ミネラルファンデーションの効果

  • 肌バリアを壊しがちなクレンジング剤が不要で、石鹸でも落ちる
  • 毛穴をふさがないので、ニキビ・吹き出物ができにくい
  • 角質の代謝を促すので、塗っているだけで皮膚が回復しトラブル改善につながる
パウダーブラシ

ミネラルファンデのQ&A

つけたまま眠れるってホント?

100%ミネラル成分でできているので、添加物が一切含まれていません。
だからミネラルファンデ自体は、落とさず眠っても肌に負担がかかりません。
ただ、メイクをして外出していると、汗やホコリが顔に吸着して混じってしまっているので、そのままにしてしまうとお肌のトラブルの原因になってしまいます。
寝る前には顔を洗ったほうがいいでしょう。

カバー力は?

「粉」でできているミネラルファンデーションですが、時間がたつにつれて皮脂となじんできます。
薄めにぬってもマットに仕上がり、細かいシワや毛穴などもきれいにカバーしてくれます。
スティックタイプやリキッドタイプもあるので、物足りなかったら、パウダータイプと組み合わせたりすることもできますね。

お値段が高いんじゃない?

下地クリームや、乳液がなくてもそのまま使えるので、コスパはとてもいいです。
量が少ない感じがしますが、伸びがいいのでかなり長持ちしますよ。
長時間たっても崩れないので、化粧直しが少なく済むのもポイントです。

素肌の上にパウダーをいきなり塗るのに抵抗があるのですが。。

普段、日焼け止めや下地を塗って、リキッドファンデーションの上にパウダーで仕上げているという人にとっては、素肌にいきなりパウダーファンデーションを塗ることに抵抗がある方もいるかもしれません。
最初にクレンジングが必要な日焼け止めや下地を塗ってしまうと毛穴をふさいでしまうことになるので、結局、肌への負担を軽減できるミネラルファンデーションの力を発揮できないことになってしまいます。
洗顔料だけで落とせる日焼け止めや下地を塗ってから使うのがおすすめです。

また、基礎化粧品を使った後にすぐミネラルファンデーションを使おうとすると、ベタベタしてうまくファンデーションが塗れないことがあります。
そういう場合は、シルク100%のパウダーなどを使うと肌がサラサラになり、毛穴のカバーもできますよ!

いかがでしたか?

ミネラルファンデーションは正しく使えばいいコトづくしですね!
敏感肌やニキビができやすい方には特にオススメです!(^O^)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索