シャンプーが出来なくてもきれいな髪を保つ方法

風邪を引いたり、ちょっとした理由でシャンプーができない事ってありますよね?
でも女性としては、やはり髪はいつも綺麗でいたいもの。
シャンプーほどの効果はなくても、近い効果のある代用方法はもちろんあります。
ご紹介しますので、参考になさってくださいね。


Ads by Google

シャンプーの代用方法

シャンプーができないと、髪だけではなく頭皮も汚れます。
頭皮の脂っぽさが匂いになったりしますので、髪と頭皮を一緒に考えましょう。

ドライシャンプー

ドライシャンプーはドラッグストアで市販されています。
水を必要としないので、キャンプなどにもよく使われるようです。

  1. 適量を地肌に振りかけ、両手の指の腹で指先を回転させながら揉むように地肌をマッサージする
  2. 髪の毛には、髪全体にスプレーもしくは振りかけ、通常のシャンプーのように軽く洗うような感じで髪にもみこむ
  3. 頭皮は固く絞ったタオルで丁寧に拭き取り、髪は濡れたタオルで丁寧にふきとる。
  4. ドライヤーで髪が完全に乾いたら、洗い流さないトリートメントをスプレーもしくは馴染ませて丁寧にブラッシングする

シャンプーほどの清涼感やさっぱり感には届かないにしても、べたべた感や脂っぽさはなくなります。

重曹

ドライシャンプーが無い場合、重曹を使って髪の汚れを落とせます。
さらに脂を吸い取って、においも吸収してくれます。

  1. 重曹を適量頭に振り掛け、10分ほど軽くマッサージする
  2. その後、掃除機で吸い取るか、くしやブラシなどをつかって粉を十分に振りおとす
  3. タオルで頭皮と髪を拭き取る

爽快感が欲しい場合は、拭き取るタオルにハッカオイルやミントオイルなどを1~2滴混ぜてみてもよいでしょう。
重曹は油汚れをよく落とし、消臭剤としても非常に役立つ上に、人体には全く害がないので安心ですね。

薬局やディスカウントショップで安価で販売してます。

エタノール

エタノールも頭皮の脂っぽさなどを落とします。

  1. エタノール1:水10くらいの割合で薄める
  2. 頭皮に少量づつつけるか、固く絞ったタオルにしみこませて、そのタオルで頭皮と髪をマッサージするように拭く

ただし、エタノールはアルコールが配合されていますので、アレルギーや皮膚反応を確認するために、使用する前に必ずパッチテストを行ってくださいね。

その他のシャンプー代用法

コーンスターチも、重曹と同じ使い方ができて、脂っぽさを取ってくれます。

また、育毛トニックスプレーなども頭皮の脂分を分解する作用があるので、独特の頭の臭いやべたつきをある程度抑える事が出来ます。
ただ、トニックスプレーそのものに匂いがあるので、気になる方には向かないかもしれません。

いかがでしたか?

シャンプー出来ないときの髪や頭皮のケアですが、まずマッサージは欠かせません。
やはり、血行を良くすることが、髪にも大切であるということですね。

髪自体には、洗い流さないトリートメントを使えば、ほのかな香りもして気分転換になります。

代用品や代用方法をうまく使ってくださいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索