肌のアラを無かった事に!コンシーラーの使い方のコツ

コンシーラー

コンシーラをお使いですか?
コンシーラは顔にあるシミ・ニキビ跡・クマなどを目立たなくしたり、消したりする化粧品アイテムです。
上手に選んで使えば、自然な感じで気になる部分を隠せます。
そんな便利アイテム、コンシーラの正しい選び方をご紹介しましょう。


Ads by Google

コンシーラについて

コンシーラには、リキッドタイプ、スティックタイプ、クリームタイプがあり、カバー力に違いがあります
また、色もバリエーションがありますので、目的に合わせた色を選ぶ必要があります。
シミ、くすみ、クマなど、隠したい目的に合わせたコンシーラの選び方をおさえておきましょう。

コンシーラのカバー力

コンシーラのカバー力の順位です。

  1. スティック
  2. クリーム
  3. リキッド

スティックタイプはカバー力が一番高いので、どうしても隠したい目立つ箇所には適していますが、乾燥しやすい目元に使う場合は保湿効果のあるクリームタイプがよいでしょう。
リキッドはくすんでいる目元全体に薄くのばして、ハイライト効果としての使い方ができます。

目的別コンシーラの色

コンシーラの色は、ファンデーションより明るめを選ぶのが基本です。
しかし、目的によってはそうではない場合もあり、また選ぶ色の系統もあります。

シミ ファンデーションと同色かまたは多少暗い色を選ぶ。明るい色だとかえってコンシーラーが浮いてしまって上手く隠れないため
クマ クマの種類によって色選びが変わる。青クマにはオレンジ系 茶クマにはイエロー系を使うこと
くすみ ハイライト効果のコンシーラを選び、白い肌の人はピンク系、ブラウン系の肌の人はオークル系を選ぶ

目的別コンシーラのタイプ

シミ、そばかす 狙ったところだけをピンポイントでしっかりカバーするスティックタイプやペンシルタイプを選ぶ
ニキビ、ニキビ跡 ある程度強いカバー力とヨレにくさを持っているクリームタイプを選ぶ
くま 目の周りは皮膚が薄いので、柔らかくフィットするチップタイプ(リップグロスのようにチップの先に液がついているもの)を選ぶ

コンシーラの塗り方について

コンシーラーの塗り方のポイントです。

  • パウダータイプの場合は、ファンデーションを塗る直前にコンシーラーを塗る
  • リキッドやクリームタイプの場合は、ファンデーションを塗った後にコンシーラーを塗る
  • コンシーラーを塗る時は決して厚塗りにならないように注意する
  • 手の甲などにコンシーラーをとって指でやリップブラシなどでつけていく
  • 少量ずつポンポンと軽く叩くようにして馴染ませる
  • 馴染ませ方が甘いとムラになってしまうので注意する
  • コンシーラーを塗った後、最後にフェイスパウダーをつけるとよりナチュラルに仕上がる

いかがでしたか?

メイクは、ベースメイクが綺麗に仕上げれば、メイク全体のほとんどが上手くいったようなものです。
そのためには、ベースで隠したい部分を上手にカバーすることはとても重要です。
かといって厚塗りでは意味がありませんので、自分の目的に合ったコンシーラを効果的に使って上手にベースメイクをしてくださいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索