メイクのノリが変わる!メイク道具のお手入れ方法

美白ケアや保湿ケアなど、顔のお手入れ方法はよく知っていても、メイクブラシや、スポンジなどのお手入れ方法は意外と知らないものですよね。
今回は正しいメイク道具のお手入れ方法についてご紹介いたします。


Ads by Google

メイク道具は意外と汚い

ブラシの毛先やスポンジの表面には、コスメ成分だけではなく皮脂や汗、老廃物などがついています。
人間の皮脂や汗、老廃物は空気に触れると酸化します。
お手入れを怠った道具を使うと、それらを顔につけているようなもので、ニキビの原因の一つになったり、放って置くと雑菌などが繁殖してしまいます。
また、汚れがこびりついたスポンジやブラシを使うとすべりが悪く、メイクのノリやつきも悪くなります。
さらに、パウダーやファンデーションを余分にこそげ取るようなことになるのです。

メイク道具の基本的な洗い方

スポンジは毎日、ブラシやパフは1ヶ月に一度を目安に洗うのがベストです。

メイクブラシ

  1. 水なたはぬるま湯で中性洗剤(少量)を泡立て、ブラシの根元から毛先に向かって汚れを軽く押し出すように洗います。シャンプーでもOKです。
  2. リンスをつけると、毛のツヤが保てます。目の粗いコームで少しずつとかし、毛先を整えましょう。水で洗い流したら、やさしくタオルで水気を取り、陰干しします。

スポンジ

石鹸をスポンジに直接つけ、押し洗いをします。
形がくずれるので、強く絞りすぎないでください。
水で洗い流したあと、直射日光は材質が硬くなるので陰干しをします。
夜、お風呂に入って洗顔するときに、一緒に洗うとラクですよ。

パフ

  1. 中性洗剤または石鹸をパフに泡立てて、優しく押し洗いをして水ですすぎます。仕上げに衣類用の柔軟剤を使うとふっくらとした感触になりますよ。
  2. 陰干しするとき、直接ピンチでとめると跡がついてしまうので、ティッシュやガーゼではさみ、風通しのよい場所で干すとGoodです。

メイクブラシの簡単!毎日のお手入れ

日々のちょっとしたお手入れで、本格的に洗わなくても、グンと長持ちするメイクブラシのお手入れ方法をご紹介します。

リップブラシ

唇の粘膜に触れるリップブラシは特に汚れやすいです。
使用後、少量の美容オイルで毛先の汚れを溶かしティッシュでふき取れば、洗わなくてOKです。

その他のブラシ

フェイスブラシやチークブラシなど大きなブラシは、使用後、ティッシュなどで付着した粉を落としておけば、清潔を保てます。

いかがでしたか?

道具を大切に扱うことで、お化粧をする心構えも変わってきます。
メイク道具も清潔にして、見た目だけでなく、心から美しくなりましょうね!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索