美白化粧品の正しい使い方

美白化粧品はたくさんの種類があり、どれが自分に合っているか、どれが美白効果が高いのか、迷ってしまいますよね。
「美白」と書かれているだけでただ単に使っていませんか?


Ads by Google

美白化粧品は一年中使い、顔全体に塗りましょう

「夏になったら美白化粧品を使い始めよう」
「日焼けしたから美白化粧品を使おう」
これではシミのお手入れとしては不十分です。
多かれ少なかれ紫外線は日々浴びているので、肌内部のメラニンは季節を問わず活動しているのです。
できてしまったシミをなんとかするのは、時間も手間もかかります。

美白ケアの基本は、”予防に専念すること”なのです。
ここで一番大切なのは、美白ケアは毎日行うことなので、サラッとした美容液など取り入れやすいアイテムを選ぶことが賢明だということです。
美白化粧品は一年中使い続けられそうな使用感のいいものを選びましょう。

パウダーメイクで新たにできるしみを予防しましょう

日焼け止め化粧品を塗った後、パウダーファンデーションを重ねるとより効果的です。
その理由は、とくにUVカット効果がうたわれていなくても、パウダーファンデーションはすべて紫外線防止効果を持っているからです。
ファンデーションの粉体は、紫外線散乱剤と似たようなものなので、紫外線をはね返す力があるのです。
日焼け止め化粧品だけに頼ってしまうと、どうしてもシミができやすいようです。
これは、日焼け止め化粧品の塗る量が少なかったり、塗りムラができてもわかりにくいことや、崩れてしまっても気づかないということもあるからです。
よりしっかりシミを防ぐ意味でも、パウダーファンデーションを重ねることが賢いUVカットになるのです。

ピーリングでメラニンを排出しましょう

美白ケアにピーリングをプラスすると、より効果が高まります。
なぜなら、通常の美白化粧品がメラニン色素をつくるプロセスに働きかけるのに対し、ピーリングは、できてしまったメラニン色素がスムーズに排出できるように手助けするものだからです。
ターンオーバーは加齢とともに遅くなり、メラニンが排出できなくなります。
そこでピーリングを行うと、ターンオーバーを早める効果によって、メラニン色素を排出するスピードがアップすることになります。
その他にも、ピーリングをすると余分な古い角質が取れるので、美白成分の浸透が高くなるという効果もあります。
特に、ボディにできたシミは取れにくいので、ピーリングがオススメです。

いかがでしたか?

美白化粧品を使用するポイントは、

  1. 美白化粧品は一年中使う
  2. パウダーファンデを重ねる
  3. ピーリングを定期的に行う

の、3つです。
このポイントを守って、シミのできにくいお肌にしましょう。



Ads by Google



サイト内検索