ちゃんとできてる?正しい半身浴の4つのコツ

半身浴

半身浴は、美容やダイエットに効果のある人気の入浴法です。
お風呂は、カラダを芯から温め、血行を良くし、筋肉の疲れをいやしてくれます。
しかし、間違った方法で実践している方も多いようなので、改めて半身浴の正しい方法をまとめてお伝えしたいと思います。


Ads by Google

正しい半身浴のコツ

お湯の量はみぞおちあたり

お湯の量はみぞおちあたりまで入れるのが良いとされています。
高齢者がお風呂場で倒れるのが多かったのは、たっぷりのお湯につかり、急激な温度変化と水圧に関連して血圧が変化してしてしまうためです。
心臓に負担をかけない為にも、お湯はみぞおちあたりまでがよいでしょう。
逆にあまり少な過ぎてもカラダがあたたまりません。

温度は37〜40℃

カラダをあたためるお湯の温度は37~40℃くらいが適温です。
40℃を超えてくると、血圧の上昇による心肺機能への負担になりますし、なによりお肌の皮脂が溶け出しやすくなってしまいます。

時間は30分以内!

本や雑誌を持ち込んで2時間、3時間とお風呂に入る方もいるようですが、長時間の入浴はお勧めできません

長時間の入浴で皮脂が溶け出すだけでなく、角質層の潤い成分も水溶性なので溶け出してしまいます。
最適な入浴時間は20分前後とされていますので、30分以内には上がるとよいでしょう。

入浴剤でリラックス

入浴剤を使ってリラックス効果を高めます。好きな香りや色の入浴剤を選ぶと良いでしょう。
保湿効果のある入浴剤ですと、皮膚の保湿に繋がってさらによいです。
入浴剤の中には発汗やダイエットなど様々な効果をうたった商品がありますが、入浴剤は皮膚の奥まで浸透する訳ではないので、あまり大きな効果は期待できません。
好みの香りやお肌の保湿に絞って選ぶとよいでしょう。
日本酒をコップ1杯程度入れるのもおすすめですよ!

いかがでしたか?

半身浴は血行を良くする効果がありますので、お風呂の中でマッサージなどをすると効果的でしょう。
ですが、血行が良くなるのは入浴中とお風呂から上がってしばらくだけです。
半身浴だけに頼らず、普段からバランスのよい食事と運動で健康的なカラダとお肌を手に入れましょう。



Ads by Google



サイト内検索