ダイエットを成功させるお昼ごはんの食べ方

ダイエットをするといっても、毎食いつもカロリーを気にして、低カロリーで少ない食事ばかりしていては、長続きしません。
ダイエットを無理なく続けるにはどこかで「満足な食事」をすることも大切なポイントなんですよ。

今回はそれについてのお話をしましょう!


Ads by Google

ダイエット成功のために、昼食を「満足な食事」にしよう!

昼食はちゃんと食べても太らない!?

一日の食事のうち、いくら食べても太らない、と言われているのは、一般的には朝食ですよね。
ですが・・・
実際のところ、朝の忙しい時間に、朝食をたっぷりと満足いくメニューで食べている時間なんて、ありますか?
ほとんどの人は無理だと思います。

それよりもおすすめなのが「昼食で満足な食事をすること」なんですよ。
実は、昼食でとったカロリーで太るという可能性は、意外と少ないんですよ。

昼は脂肪とたんぱく質を燃やす時間!

「朝食は太らない」という根拠のひとつは、朝は脳が目覚めて活性化するために、炭水化物をよく消費しやすいからです。
だから、パンやご飯を食べても大丈夫、というわけですね。
これに対して昼食の時間帯は、消化器官の働きがもっとも活動的になってくる時間帯。
この時間帯は、脂肪やたんぱく質が燃焼に使われやすい時間帯でもあるのです。

太らないための昼食のコツ

このように、昼食の時間は「炭水化物の消費は朝食時ほどではないが、脂肪やたんぱく質の消費はもっとも盛んになる」というわけです。
昼食時にはこのメカニズムを利用してメニューを選びましょう!
ごはんやパンなどの主食は少なめにして、そのかわりおかずをたっぷり食べる、というのがポイントです。

お昼のごはんを選ぶ時も、「ごはんたっぷりの丼もの」よりは、「おかずの数が多い定食」などがおすすめですね☆
そして、特に肉類の消化をよりよくするために、しっかりと噛むことも大切です。

いかがでしたか?

ダイエット中だからといって、昼食を「超ひかえめ」な量にする生活を続けていると、夕食時までの空腹感が大きく、ついつい間食を食べたり、夕食でドカ食いをしがちになってしまいます。
それよりは昼食でおなかが満足できる量を食べたほうが、ダイエットを続けやすいはずですよ!(^O^)

こちらもあわせてどうぞ!
美人が遠のく!? ドリンクバー・サラダバーのNG利用法



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索