花粉症に効く食べ物や対策方法まとめ

 

国民病と呼ばれる花粉症、現在、日本人の約25%が悩まされています。
今年は飛散量が多いと予測されていますので、早めの対策でこの時期を乗り越えましょう!

花粉症について

花粉症は、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となってくしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす病気です。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

季節性アレルギー鼻炎による症状

  • くしゃみ鼻水鼻づまり
  • 目のかゆみ、なみだ、充血
  • ノドや皮膚のかゆみ
  • 下痢、熱っぽい感じ

季節性アレルギー鼻炎は、原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物により花粉症を引き起こすと報告されています。

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズムは、異物から体を守る生体反応です。

体に入ってきた異物(花粉)に対して、追い出さなくてはいけないと判断した体は、化学物質(ヒスタミンなど)を分泌して、反応をおこします。
この反応が、花粉をくしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないような症状となります。

花粉症対策

花粉症の対策で一番重要なのは、「初期療法」です。
そして、花粉を取りこまない生活の工夫との同時進行で症状はかなり軽くなります。

初期療法

花粉症の初期療法とは、花粉の飛び始める2週間くらい前からの薬(抗アレルギー薬)の服用を始る治療です。

初期療法のメリット

  • 症状の出現を遅らせることができる
  • 飛散量の多い時期の症状を軽くできる
  • 併用する薬の量や使用回数を少なくできる

花粉を取りこまない工夫

せっかく薬を飲んでいても、花粉を取りこんでしまっては、効果も半減します。
細かい部分に気を使って、しっかりと花粉をガードする工夫をしましょう。

そのためのポイントです。

  • テレビやインターネットで気象&花粉情報を入手し、多い日はなるべく外出を避ける
  • 飛散の多い時間帯である、午後1時~3時頃の外出を避けるようにする
  • 帽子、メガネ、マスク、マフラーを身につけ、コートはツルツルした素材を選ぶ。
  • 玄関で花粉をシャットアウトし、室内に持ち込まないようにする
  • 外出したら、洗顔やうがいをする
  • 洗濯物や布団を取りこむときは、しっかりとはたいて花粉をはらう
  • こまめに部屋を掃除して、花粉を除去する

花粉症に効く食べ物&飲み物

花粉症を改善するには、アレルギー反応をおこさない抵抗力のある体を作ることです。
花粉症に効果があるとされている食べ物と飲み物を紹介しましょう。

食べ物

  • ヨーグルト
  • しそ
  • ねぎ
  • しょうが
  • 魚介類(青魚)
  • はとむぎ
  • トマト
  • 納豆

飲み物

  • 甜茶
  • 緑茶
  • ハーブティー
  • 赤ワイン

食事は、欧米系の肉食より野菜、魚、大豆などの和食中心がお勧めです。
また、緑茶のカテキンにはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを調整する作用があると言われています。
効果を出すためには、1日10杯以上のお茶が必要ですが、カフェインの取りすぎにも注意してくださいね。

いかがでしたか?

ちょっとした工夫やこころがけで花粉症の症状を軽くするこは十分に可能です。
今年は、特に飛散が多いとされていますから、今からでもすぐに対策をしましょう!


Ads by Google




サイト内検索