ひじやひざの黒ずみの原因と解消方法

あなたのひじやひざ、黒ずんでいませんか?

どれだけメイクをキレイにして、スタイルにも気を使っている人でも、ひじやひざに黒ずみがあると、それだけで見た目のマイナスイメージはかなり大きいものとなってしまいます。
意外とここは見落としがちなところなんですよね。
今回は、ひじやひざの黒ずみの原因と解消方法をご紹介します。


Ads by Google

黒ずみの原因と対策方法

黒ずみの原因は「汚れ」じゃない!

「ひじやひざはシワになっているから、そこに汚れがたまって黒ずんで見えるんだ」と、汚れを落とそうと必死にゴシゴシ洗っている人はいませんか?
それ、実は一番やっちゃいけないことなんです。

ひじやひざの黒ずみの原因は、汚れではありません。

普通にちゃんと洗っていれば、ひじやひざの汚れは落ちています。

ひじやひざの黒ずみの原因は摩擦!

日ごろの生活で起こる「摩擦」による、くすみや色素沈着が黒ずみの原因なんです。
間接部分が服などで絶えずこすられていることが、黒ずみの原因となってしまうんですよ。

だから、摩擦によって起こった黒ずみに対してゴシゴシこすり洗うことは、逆効果もいいところなんですよね。

日常生活での「摩擦」を少なくしよう!

ひじの黒ずみが目立つ人に多いクセのひとつが「頬杖」です。
そして、立てひざをする人は、ひざの黒ずみが目立ちがちですね。
まずは、こういうちょっとしたクセを直していくことが大切です。

そしてもうひとつ、服による摩擦を最小限にするのも大切なポイント!ひじ・ひざにクリームを塗るなどして、「すべり」を良くしてあげましょう。
あと、きつい服を着ないことも、摩擦を減らすのには有効な手段です☆

できてしまった黒ずみのケアは?

できてしまった黒ずみは、「余分な角質をやさしく取る」という対処をするのが正解です。
入浴時に湯船にゆっくりと浸かり、角質をやわらかくしてから、「めがねクロス」に石けんやボディーソープを泡立て、それで角質をやさしくなでるようにして落としていきます。

入浴後はいつもよりたっぷりのクリームを塗って、さらにその上からラップを巻いて10分ほど置き、しっかりと潤いを浸透させておきましょう。

角質落としは、週に一度程度やるのがベスト。
毎日やると、新しい角質まで落としてしまい、肌トラブルの原因となってしまいますので注意しましょう!

いかがでしたか?

黒ずんだ部分は肌もゴワゴワしているので、つい強い力でのケアをやりがちですが、実は正しい対処はまったくの逆、ってことですね。


Ads by Google



サイト内検索