美しい髪は地肌から!抜け毛予防にもおすすめのシャンプーの選び方

カラーリング、パーマ、エクステンションなどの進化により、様々なヘアスタイルで自分を表現できる楽しさも倍増しました。
その多様化とともに問題になってきたのは「髪の悩み」。

切れ毛、枝毛、薄毛でさえも男性だけの悩みではなくなってきています
素敵なヘアスタイルは美しく健康な髪から!今回は女性の育毛シャンプーについてご紹介します。


Ads by Google

美しい髪をつくるシャンプーの選びかた

シャンプーには大きく分けて3種類あります。

高級アルコール系シャンプー

ドラッグストアなどでよく見られるシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系シャンプー。
車の洗浄剤にも使われている強い洗浄成分(界面活性剤)であるラウレス硫酸Naラウリル硫酸Naなどが含まれています。
非常に強い成分なので乾燥うやフケなどの原因になるだけでなく、きしみなど毛髪にもダメージを与えます。
人工的に大量生産が可能なのでコストも安く、製造メーカーだけでなく消費者にとっても利用しやすいシャンプーです。
ラウレス硫酸Naの化粧品成分を含むシャンプー一覧
ラウリル硫酸Naの化粧品成分を含むシャンプー一覧

アミノ酸系シャンプー

シャンプー売り場ではだいたい2割ほどの割合で陳列されています。
エステティックサロンや美容院で扱っているシャンプーは、ほとんどがこのアミノ酸シャンプーです。
アミノ酸からつくられる洗浄成分(界面活性剤)であるココイルグルタミン酸などを使用したもので、
肌と同じ成分なので刺激が低く、頭皮や毛髪に優しいという利点があります。
そして主成分であるアミノ酸が毛髪を包みこむため、コンディショナーいらず。
ただし高級アルコール系シャンプーに比べれば洗浄力が弱く感じ、値段が高いです。
ココイルグルタミン酸Naの化粧品成分を含むシャンプー一覧

石鹸系シャンプー

ドラッグストアでも全てのシャンプーのなかで1つあるかないか。
こだわりのある企業しか扱っていない石鹸系シャンプー。
頭皮にとっては洗浄力が強く肌への刺激が弱いため優しいといえますが、毛髪はかなりごわつきます。
これは石鹸がアルカリ性のためで、石鹸シャンプーを使うことで頭皮や毛髪がアルカリ性に傾くため、酸性のリンスなどを使い弱酸性に戻す必要があります。
値段は300円~と手ごろに買い求める事ができます。

いかがでしたか?

頭皮の状態により適したシャンプーは様々ですが、美しく健康な髪を目指すためにはアミノ酸系シャンプーが望ましいですね。
自分に合ったシャンプーで美しい髪を手に入れましょう。

高いだけ!?ノンシリコンシャンプーの嘘もチェック!



Ads by Google



サイト内検索