クラシック音楽のリラクゼーション効果がすごい!

クラシック

音楽は私たちの心をハッピーにし、元気を与えてくれます。
特にクラシック音楽は、健康に関わる深いリラクゼーション効果があるといわれています。
そんなクラシック音楽効果と上手な聴き方についてご紹介しましょう。


Ads by Google

クラシック音楽の効果

クラシック音楽とは中世ヨーロッパで生まれ、その伝統を受け継いだ音楽のことです。
代表的な作曲家では、バッハ、モーツァルト、ベートーベンなどが挙げられます。

では、クラシック音楽の効果とその理由です。

右脳を刺激する

クラシック音楽は、右脳を刺激することで左脳を休ませる効果があります。

人間の脳は、左脳(言語脳)と右脳(非言語脳)にわかれていて、日常生活では左脳ばかりを使っています。
そのため左脳は大変疲れますので、休ませなければ脳の効率が低下します。
そして、左脳を休ませるためには右脳を刺激してあげることが必要になってくるのです。

そこで音楽は右脳を使うということから、右脳が刺激され、その結果左脳が休まるということになります。

でも、音楽が右脳を使うのなら、クラシックじゃなくてもいいんじゃないの?と思いますよね。
しかし、邦楽だとなまじ歌詞の意味を追ってしまうので、つい左脳が反応してしまい、左脳を休めることが難しいのです。

アルファ波を誘発する

クラシック音楽はアルファ波を誘発させて精神を落ち着かせます。

アルファ波とは、人がリラックスして精神が安定している状態のときにのみ出る脳波です。
この脳波は、「1/fゆらぎ」という周波数の物理現象(川のせせらぎや海の波のリズムなど)によって生まれます。
クラシック音楽はその「1/fゆらぎ」を多く持つ音楽なので、アルファ波を誘発させ高いリラクゼーション効果をもたらすのです。

その他、クラシック音楽効果

  • 免疫細胞のリンパ球を増やすなど免疫力の強化
  • 精神的な不安の軽減
  • 痛みの緩和

このようにクラッシック音楽は、私たちの「脳」に働きかけて、深いリラクゼーション効果を与えてくれます。

その中でもモーツァルトの音楽は癒し効果が特に優れているといわれています。

モーツァルトの音楽は、生体機能に刺激を与える高周波を多く含んでいます。
この高周波音は脊髄から脳にかけての神経系を刺激し、その結果健康を支えている生体機能に良い影響を及ぼすのです。
 

効果的なクラッシック音楽の聴き方

クラシック音楽は、癒されることを意識しながらではなく、自分の感情や気持ちに同調した無理のない姿勢で聴くとよいでしょう。
つまり、悲しいときに悲しい曲、寂しいときに寂しげな曲といった感じです。
これは感情に反する曲を聴くよりも同質の曲を聴くほうが、心を解放させリラックスしやすい状態になるからです。

聴き方のポイント

  • 音楽を聴く前にコップ一杯の水を飲んで血液の流れをよくする
  • 耳で聴くことに集中できるよう、部屋を薄暗くし目をつぶりできればヘッドフォンで聞く
  • 聴く時間の目安は1回30分ぐらい
  • アロマテラピーやお香で嗅覚にも刺激を与える

このようなちょっとしたポイントで、リラクゼーション効果がアップします。

リラックス効果のあるクラッシック音楽

聴きやすい、お馴染みの曲からご紹介しましょう。

  • ビバルディー「四季」
  • モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」    
  • モーツァルト「劇場支配人」   
  • ショパン「雨だれ」    
  • ヨハン・シュトラウス「ウインナ・ワルツ」

いかがでしたか?

好きな音楽を聴くだけでももちろん癒し効果はあります。

でも、新しい音楽に触れることは、今までにない感性を磨くことにもつながります。
クラシック音楽をさりげなく生活に取り入れてみませんか?


Ads by Google



サイト内検索