肌トラブル解消のための腸内環境を整える方法

「美肌は腸から!」と言えるほど、腸内環境はお肌と密接な関係があります。
また、健康面にも大きく影響するとなれば是非正常に整えておきたいものです。
あなたの腸内環境は大丈夫ですか?


Ads by Google

腸内環境について

腸は食べたものを吸収、消化する大切な働きをしています。
腸内環境が整っているとは、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスがとれて、腸が活発に機能している状態をいいます。

腸内環境が整うと、代謝や免疫力が高まって健康で元気な身体になります。

腸内細菌

腸内環境に大きく影響するのは腸内細菌で、善玉菌と悪玉菌と日和見菌があります。

善玉菌 腸内環境を整え、免疫力を高めて身体に良い影響を与える
悪玉菌 発ガン促進物質や成人病などの健康障害をおこすような毒素をだす
日和見菌 善玉菌か悪玉菌の優勢な方につく菌

こうみると、悪玉菌を腸内に存在させてはいけないと思いますね。
しかし腸内環境は、善玉菌が優勢だが悪玉菌も少し存在しているバランスがベストです。
ですから、そのバランスを保つことが腸内環境を整えることになるのですね。

腸内環境のバランスが崩れると

腸内バランスが崩れ、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化します。
そうすると、身体には様々な影響がでてきます。

便秘になる 腸のぜんどう運動が弱くなり、便を出す力が低下する
栄養不足になる ビタミンやミネラルが吸収されにくくなるので栄養が偏る
代謝が落ちる 便秘により便からの毒素の排出がされにくくなるので、新陳代謝を低下させる
肌トラブル 排出されない毒素が血管から血液中に溶け込みそのまま皮膚にダメージを与える

腸内環境の悪化により、毒素を排出できなくなることが一番深刻な問題です
便秘がニキビや肌荒れの原因になるのがおわかりいただけますね。

腸内環境を整えよう!

腸内バランスを保つには

腸内バランスを保つには、善玉菌を増やし悪玉菌は必要以上増やさないことです。
善玉菌を増やすために摂取したい成分を紹介しましょう。

乳酸菌 腸内を酸性にしてアルカリ性を好む悪玉菌の増殖を抑える
オリゴ糖 乳酸菌であるビフィズス菌のエサになって善玉菌を増やす
食物繊維 体内で消化吸収されないので、便の量を増やすことになり腸管を刺激する

ビフィズス菌はヨーグルトなどの乳製品に含まれています。
しかし、腸までたどり着く前に多くは死んでしまいますので、生き残ったビフィズス菌を増やすにはオリゴ糖が一番効果があります。

腸内環境改善法

腸内環境を改善するにはまず食生活ですが、その他にもいくつかポイントがあります。

  • 高脂肪、高たんぱく質の食事を摂りすぎないようにする(悪玉菌が増える)
  • 食物繊維を多めにとる(ごぼう、さつまいも、大豆、ハト麦、玄米など)
  • オリゴ糖を毎日とる(きな粉、玉葱、バナナ、ニンニクなど)
  • 水分をしっかりとる(1日にコップ8杯位、約2リットル)
  • 朝食を抜かないようにする(朝食は腸に刺激を与え、便意が起きやすくなる)
  • 極端なダイエットは避ける(便秘の慢性化を招く)

腸を気持ち良い程度にマッサージするのもよいでしょう。
また、適度な運動も腸の働きを促進します。

いかがでしたか?

美肌は身体の中からしか作り上げることはできません。
日々の健康管理こそが、美人を作るのですね。

腸内環境を整えて、お腹の中から綺麗を目指しましょう!


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索