眼精疲労・目の疲れに効く食材まとめ

ブルーベリー

毎日パソコンやテレビなど、目を酷使していませんか?
目が疲れる原因は、液晶などの画面を長時間見る事にもありますが、近い距離だけを長時間見続ける事にもあります。
目の筋肉が緊張し続ける事で目が疲れ、目が疲れると脳が疲れてしまい、肩こりや頭痛といった症状を引き起こす場合があります。

目の疲れに効く食材といえば、最近ブルーベリーが注目されています。
他にも、様々な食材が目の疲れに効果を発揮しますので、試してみて下さい。


Ads by Google

目の健康を保つ栄養素

アントシアニン

目の網膜には、ロドプシンという色素があり、この色素が目から入った映像を脳に伝えています。目を長時間使ったり、強い光を受けたりするとロドプシンが減少してしまいますが、アントシアニンという栄養素を摂取する事で再合成を助けることが可能です。

アントシアニンはブルーベリーに多く含まれていて、最近注目されています。さらに網膜へ繋がる毛細血管の血行を良くする効果があり、栄養素を運ぶのにも役立ちます。

  • ブルーベリー
  • 赤ワイン

ビタミンA

角膜細胞や光を感じる細胞など、目を構成している細胞の原料となります。不足するとドライアイになったり、視力が低下してしまう事もあります。

  • うなぎ
  • レバー

ビタミンC

目のピントを合わせる水晶体の透明度を保って、リフレッシュさせる効果があります。新鮮な野菜や果物に多く含まれています。

  • ブロッコリー
  • キウイ
ブロッコリー

ビタミンB1、B2

ピントを合わせる際に使う筋肉の疲労を解消します。カラダ全体の疲労も解消できるので積極的に取りましょう。

  • うなぎ
  • 豚肉
  • 青魚
うな重

いかがでしたか?

ビタミンAについては、過剰に摂取するとからだに蓄積されてしまい悪影響を及ぼすこともありますので、摂りすぎには要注意!
特に、うなぎにはビタミンAが豊富に含まれています。毎日食べるようなことがなければ問題ありませんが、注意が必要ですね。

疲れ目を放置すると、肩こりや頭痛、イライラするなど様々な症状が出て来てしまいます。
十分な栄養を取るとともに、定期的に目の休憩をとって遠くを見るなど目をいたわってあげましょう♪(*^_^*)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索