にんじんで、美肌成分を食べつくそう!

にんじんはお好きですか?
様々な料理に使われるにんじんですが、美肌を生成する素晴らしい栄養素がたっぷりと含まれています。
毎日でも手軽に食べることのできるにんじんで、自然に、あたりまえのように美しい肌を作り上げましょう。


Ads by Google

本当に効いた!人参のすごいチカラ

私がにんじんの効果を実感したのは、独り暮らしを始め、自炊をするようになった時です。
独りで暮らしていると外食する機会も増えるために、自分で料理をする場合は野菜をたくさんとるように意識しました。
特に、いかにも健康によさそうということで、当時はにんじんを一日に一本は食べていました。
汁物や炒め物として食べていたのですが、食後しばらくすると目の充血が薄くなっていることに気付きました。
「にんじんは目によい」とはよくいわれることですが、確かにそのようだと自分の体を通して知ることができました。

にんじんの美肌効果

一定量のにんじんを食べたり、ニンジンをベースとしたジュースを飲むと、

  • 肌に透明感が出る
  • 血色がよくなる

というような効果をはっきりと確かめることができます。

これらの効果はなぜ起こるのでしょうか?

にんじんの栄養素

にんじんには、健康や美容に効果のある様々な栄養素が含まれています。

  • カロチン(ビタミンA)…活性酸素除去、免疫力強化、ガン予防、眼病予防と改善、皮膚病・肌荒れの予防と改善
  • カルシウム…骨や歯の強化、精神の安定
  • カリウム…高血圧の予防
  • 食物繊維…整腸作用
  • その他…造血作用、貧血予防

陰陽論による、にんじんの効能

にんじんは地面の下にのびる根菜類なので、陽性の体を温める力が強いのですが、カリウムを多く含むために陰性の力も持っています。
トータルでは中庸から陽性の食べ物であるといえるので、冷えの予防と改善をし、あらゆる病気に対して治療効果があります。

食べ方

にんじんは皮に近い方が栄養を豊富に含んでいるので、皮は剥かないか、薄めに剥きましょう。
また、カロチンは油と一緒に摂取すると吸収率が高くなるので、炒め物にすると効果的です。
ただ、私の体験からすると、市販のにんじんをベースとしたジュースの中にもしっかりと効果を実感できるものもあるので、必ずしも油炒めにする必要はないと思います。
毎日の料理に合わせた食べ方をしてみてください。



Ads by Google



サイト内検索