ヒアルロン酸の効果と種類を知ってもっと美肌になろう

ヒアルロン酸サプリメント

“ヒアルロン酸”は皆さんよく耳にするのではないでしょうか?
ヒアルロン酸という化粧品やサプリメントに含まれる成分は、今や注目の的ですよね。
では、ヒアルロン酸はどのような効能があるのかご説明していきます。


Ads by Google

ヒアルロン酸とは?

保水と弾力に不可欠な存在

ヒアルロン酸とは、結合組織を構成する成分で、皮膚や眼球、関節に多く含まれており、保水弾力を必要とする部分に不可欠な物質です。
実はヒアルロン酸は人間の体内に非常に多く存在している物質なのです。
肌のヒアルロン酸は、角質層、基底層、真皮層という構造の中で、 一番大切な 真皮層に多く含まれています。

加齢とともに減少

皮膚に十分なヒアルロン酸があれば肌はみずみずしさとしなやかさを保っていますが、歳をとるにつれて減少してしまいます。
ヒアルロン酸の量を、0~20歳までを100とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%まで減ってしまいます。
ヒアルロン酸が減ると、水分維持が出来なくなり、シワ、たるみなどの肌の老化や、関節の痛みなどが生じてくるのです。

ヒアルロン酸の効果

美肌効果

  • 抜群の保水力

ヒアルロン酸は1gあたり約6000mLの水分を保持する能力があります。
つまり、少量のヒアルロン酸を摂取することで、体内のあらゆる部分の水分を保湿することができるのです。
体内の水分が減少すると、肌にハリがなくなり、しわやたるみの原因となります。
水分保持の役割によって、ハリのある潤い素肌になる事ができるのです。

  • コラーゲンとの密接な関係

近年の研究で、ヒアルロン酸がコラーゲンに密接に関係していることが判明しています。
コラーゲンが変質すると、肌のツヤがなくなったりすると考えられていましたが、実は、コラーゲンの周りを守っているヒアルロン酸が減少していくことが大きな原因だったのです。
肌に重要なコラーゲンを守っていくためには、ヒアルロン酸を充分にとる必要があります。

関節とヒアルロン酸

ヒアルロン酸は関節液にも多く含まれています。
関節液の粘りと軟骨の弾力を活発にさせる働きがあるので、クッションとしての役割を果たします。
このクッションのおかげで、関節軟骨は重い体重を一日中受け続けたり、また走ったりした場合の大きな衝撃にも耐えられる構造をしています。
またヒアルロン酸は日々磨耗する軟骨を、寝ている間に修復するとも言われています。

ヒアルロン酸の種類

低分子ヒアルロン酸

高分子ヒアルロン酸を吸収しやすくするため、低分子化したものです。
日本では低分子ヒアルロン酸を使用した化粧品、サプリメントなどが多く販売されています。

高分子ヒアルロン酸

高分子であればあるほど保水能力が高く、お肌のみずみずしさを保つにはより大きな効果が得られます。
高分子のヒアルロン酸は胃酸で分解されて低分子化しますので、コーティングを施してあるサプリメントを選んで摂取しましょう。
コーティングが施されていないと、体内に吸収されても保水力が非常に低くなってしまうので注意してください。

バイオヒアルロン酸

聞きなれないヒアルロン酸の種類ですが、バイオヒアルロン酸とは、乳酸菌や単細胞生物(ミドリムシ・ゾウリムシなど)、ストレプドコッカスによるバイオ製法によるものです。
血液性連鎖球菌(ストレプドコッカス)とは、咽頭炎や扁桃炎などを引き起こすような菌類です。
バイオ製法の場合、安価で大量生産できるため、化粧品などに使用されることが多いのが実状です。
しかし、安全性も十分研究されていますのでほとんど安心と言えますが、まだまだ長期的研究結果も出ていないので、天然のヒアルロン酸のほうが安全性は高いと言えます。

天然のヒアルロン酸

ヒアルロン酸は脊椎動物にしか含まれておらず、熱に弱いという特徴があります。鶏のとさかなどに存在していますが、そのものを食べる機会はほとんどなく、低温調理も難しいので、通常の食生活で摂取するのは大変難しいとされています。
また、天然のヒアルロン酸は非常に大きい分子のため、吸収しにくいという性質も持っています。
しかし、加齢とともに減少するヒアルロン酸を補給するには、体内で作られるヒアルロン酸量では足りません。

いかがでしたか?

ヒアルロン酸が流行り始めた頃は、全く効果のない化粧品やサプリメントが多く存在していました。
しかし最近は体に吸収しやすい大きさにまで分解され、効果の高いヒアルロン酸配合の化粧品やサプリメントも多く販売されています。
高機能で吸収できる大きさのヒアルロン酸の化粧品やサプリメントを上手に活用して美肌、そして健康な体を手に入れましょう。

ヒアルロン酸を含む化粧品一覧を美肌マニアでチェック!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索