「美人の湯」で美肌、知っておきたい温泉知識

家のお風呂で美肌ケアもいいけど、やっぱり魅かれる「美人の湯」。
そんな温泉につかると、身体の中から美人になれそうな気がしますね。
美肌はもちろん、健康にも効能のある温泉についてもっと知ってみませんか?


Ads by Google

温泉の基礎知識

温泉とは、昭和23年に制定された「温泉法」によって定義されています。

温泉の定義

  • 地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気、ガスで、源泉温度が25℃以上であること
  • リチウムイオン、水素イオン、沃素イオンなど19の特定成分が1つ以上規定値に達しているもの

つまり、源泉温度が25℃以上あるか、それ以下でも19の特定成分が1つでも規定値に達していれば、「温泉」と名のれます。

温泉の種類

一口に温泉といってもいろいろ種類があります。

温度による分類だと、~25℃冷鉱泉、25~34℃低温泉、34~42℃温泉、42℃以上高温泉と分けられます。
入浴でもっとも快適な水温は42℃なので、温泉地の大浴場はほとんど42℃前後に設定されています。

他には水素イオン濃度「ph値」、「泉質」、「浸透圧」による分類などで分けられます。

これらの分類によって、効能や入った時の心地などが違ってきますので、目的にあった温泉を選ぶことがポイントですね。

温泉の効能

温泉の一般的な効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復などです。
目的別に温泉効能を取り入れたいなら、泉質別効能で選ぶとよいでしょう。

  • 肩こり・神経痛…単純泉、食塩泉
  • ストレス…単純泉
  • 不眠症…石膏泉
  • 冷え性…食塩泉
  • 胃腸病…食塩泉、炭酸泉、重曹泉

美人(美肌)の湯について

温泉には、様々な効能がありますが、「美肌効果」という適応症記述はありません。
では、よくいう「美人の湯」というのは、ウソなのでしょうか?

美人の湯の泉質

「美肌効果」というのは、療養ではないので適応症と認めらず、それゆえ適応症の欄に書かれていないのです。
しかし、科学的には温泉成分によって、不要な角質をとって肌をつるつるにしたり、メラニンを分解したりする「美肌効果」は認められています。

三大美人泉質です。

  • 炭酸水素塩泉
  • 硫酸塩泉
  • 硫黄泉

硫黄泉は、古くなった皮膚の角質を軟らかくして溶かしてしまう働きがあります。
上記以外ですと、明ばん泉は肌を引き締めてくれる働き、重曹泉は皮膚の脂肪を乳化させ洗い流す働きがあるといわれています。
また、ph値で分類するなら、アルカリ性泉が美肌によいといわれています。

美人の湯の効能

さらに「美人の湯」といわれる温泉は、身体の中から美しさを 作りあげると言われています。
 
温泉につかることで、皮膚は刺激を受け活発に呼吸を始め、温泉に含まれる成分を体内に吸収します。
それが脳を刺激して体調を整えることになっていくのです。

また身体を芯から温めることで、血液が体のすみずみに行きわたります。
それにより、体内の老廃物が運び出され、ホルモンのバランスがよくなるとともに、なめらかな肌を作り上げるのです。

いかがでしたか?

やはり美人の湯には、しっかりと美肌効果があるということですね。

また、温泉浴は美肌や健康面だけではなく、心にも大きな癒しを与えてくれます。
雪見露天、海を見ながらの温泉、大自然に抱かれたいろいろな温泉で、心も身体も美しくなる温泉浴を楽しんでくださいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索