EGF・ヒトオリゴペプチド-1で肌が生き返る!

化粧水

「EGF」をご存知ですか?
「EGF」は、「Epidermal Growth Factor」の略で、正式名称は「ヒトオリゴペプチド-1」といいます。
最近話題になっているEGF。
その正体を明かしてみましょう!(^O^)


Ads by Google

EGF・ヒトオリゴペプチド-1とは?

EGF(Epidermal Growth Factor)とは、人間の体が本来持っている因子で、皮膚の表面にある受容体と結びつき新しい細胞の生産を促進する、体内で形成されるタンパク質の一種なのです。
実は、肌だけではなく、唾液や母乳などにも多く含まれているのです。
アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見されました。
この発見によりコーエン博士はノーベル生理学医学賞を受賞しました。
日本語では、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」と呼ばれています。

年齢を重ねるとEGFの分泌量は減少していき、細胞の再生活動は遅くなり、肌は老化していきます。
そこで、このEGFをお肌に補給すると、年齢とともに低下する肌本来の力を助けることができ、皮膚細胞の新生を活発にすることができるのです!
しかもEGFは細胞内で満たされると、それ以上取り込まれることはありませんので、副作用のない安全な成分と言われています。

アメリカでは、EGFは新生細胞の成長を平均284%促進することが確認されていると発表されているのです。
画期的な成分ですね!

EGF・ヒトオリゴペプチド-1の効果

「人間が本来持っている肌細胞の再生能力を引き上げる」、具体的に言うと、「肌細胞を活性化させて、年齢と共に周期が遅れるターンオーバーを通常の周期に導く」という効果です。
ターンオーバーが正常な状態に戻ることにより、以下のことに効果があるということになります。

  • シミ・そばかすなどの色素沈着
  • シワ・たるみ
  • にきび・肌荒れ
  • クマ・くすみ
  • 乾燥

そもそもターンオーバーって?

お肌は、ターンオーバーにより、肌細胞の生まれ変わりを繰り返しています。
ターンオーバーの仕組みは、基底層で生み出された細胞が、 肌の表面にある角質層へと押し上げられ、しばらくすると、アカとなって剥がれ落ちます。

このサイクルは、通常約28日間と言われています。

しかし、不規則な生活や、外的要因(紫外線)など、 さまざまな原因によってこのサイクルが乱れると、角質が厚くなったり、乾燥しやすくなったり、 肌トラブルを抱えてしまいます。
ターンオーバーのサイクルを乱れさせないためには、規則正しい生活はもちろん、 スキンケアも欠かせない重要な要素です。
したがって、EGFはターンオーバーの働きを助ける重要な存在なのです。

失敗しない!EGF配合の化粧品の選び方

高濃度のEGFを配合している商品には、「日本EGF協会の認定マーク」が付いています。
日本EGF協会とは、EGFに関するNPO法人で、協会の認定基準をクリアした高濃度のEGF化粧品のみに、認定マークを付与しています。
なので、EGF化粧品を選ぶ際には、できる限り協会の認定マークが付いた商品を選ぶようにするといいでしょう。

日本EGF協会の認定マーク

いかがでしたか?

ターンオーバーの周期の乱れも肌荒れの原因の一つです。
不規則な生活が多い方は是非EGF配合の化粧品を選んでみてはいかがでしょうか?

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)の成分を含む化粧品一覧



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索