美人になるためのミネラルウォーターの知識

ミネラルウォーター

水は私たちの生命と健康を維持するために、欠かせないものです。
特にミネラルウォーターの成分や効果は健康のみならず、美容面にも大きく影響します。
普段、何気なく飲んでいるミネラルウォーターについて、もっと知ってみませんか?


Ads by Google

ミネラルウォーターの基礎知識

ミネラルウォーターについてご紹介します。

ミネラルウォーターの定義

ミネラルウォーターとは、容器入り飲料水の中で、地下水を原水とするものを指します。
日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものを、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターと呼びます。
一方、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼び、この区分は、農林水産省のガイドラインに定められています。

ミネラルウォーターの硬度について

ミネラルウォーターは、硬度によって「軟水」と「硬水」に分けられます。
硬度とは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量のことで、硬度が高い水を「硬水」、 低い水を「軟水」といいます。
日本の水道水はほとんどが軟水で、逆にヨーロッパは硬水が多いです。

コーヒーや紅茶を入れるときは軟水が適していますが、美容と健康を考えると、風味に癖はありますが、断然硬水ですね。

ミネラルについて

ミネラルウォーターに含まれる代表的なミネラルと、その働きをご紹介します。

カルシウム 骨や歯の主要成分のひとつで、精神状態を安定化させる作用がある
マグネシウム ビタミンB群の働きを高め、代謝に関係する酵素の活性化する
カリウム 血圧上昇を防ぎ、便秘解消を促す効果もある
ナトリウム 筋肉の収縮に重要な役割を果たし、 他のミネラルの吸収を助ける
亜鉛 味覚を正常に維持し、活性酸素や老化の抑制、精神の安定効果がある
バナジウム 糖質や脂肪の代謝、生殖機能を高める働きがあり、糖尿病を改善する
ゲルマニウム 活性酸素の生成を抑制し、高血圧の予防にも役立つ
体内に酸素を送り届ける役割を持ち、赤血球のヘモグロビンを作る

ミネラルウォーターと美容

ミネラルウォーターの美容効果で一番大きな働きは、代謝を促進することです。
デトックスで老廃物を排出することが美肌やダイエットの基本ですね。

代謝を促進させて美肌をつくる

究極の化粧水は飲み水とも言われています。

お肌の表皮には角質層があり、この組織はタンパク質で構成されています。
この組織が寿命によって最後は垢になるのですが、これを取り除かないと皮膚は新しい組織をつくってくれません。
つまり、タンパク質の「代謝」を活発にしてあげないとみずみずしい美肌にならないというわけです。

その「代謝」を良くする方法こそが、適切な量のお水を毎日飲む事です。

体内を循環させるのは血液ですが、血液の80%以上は水です。
飲んだお水は、10分後には皮膚組織に入り、その後、14日間かけて角質層に到達します。
しかし、到達したお水がよくないものだと美肌にはなれません。
体に良いきれいなお水を飲むことこそ、お肌を良くする一番の方法です。

美肌のための水分補給の仕方

効果的な水分補給のポイントです。

  • 美肌には、アルカリ性のミネラルウォーターや炭酸がお勧め
  • 1日の補給目安は1.5~2L・・飲みすぎはかえって身体に負担をかけるので量を守る
  • あまり冷やしすぎない・・・大体体温よりも25度以下で飲むのがベスト
  • 一度に一気に飲まない・・・消化器官に負担を与えるので、こまめに分けて飲む
  • 硬水を飲む時・・・・ビタミンC(レモン汁、クエン酸等)を一緒に飲むと吸収がよくなる
  • 起床時のコップ1杯を実践・・消化器官を適度に刺激し、身体が目覚める
  • 運動にはスポーツドリンク・・運動で失われた電解質やミネラルをすみやかに補給する

いかがでしたか?

ミネラルウォーターも、目的とシーンに合わせて飲み分けるとさらに効果的ですね。
飲料水売り場には、輸入品も含め数多くのミネラルウォーターが並んでいますので、成分表示をみながら、自分の飲みやすい続けられるものを選んで愛飲してくださいね。


Ads by Google




サイト内検索