手荒れ・かかとのガサガサに超効果的な簡単ケア方法

寒~いこの季節、保湿クリームはつけているはずなのに、それでも手荒れはひどいし、かかともガサガサするし・・・
どうしたらいいの!?

その悩み、ちょっとした工夫で解決できるかもしれませんよ。


Ads by Google

手荒れ・かかとのガサガサ解決方法☆

クリームをたっぷりつけたあとにこんな工夫を!

保湿クリームをつけても手荒れやかかとのガサガサが治らない大きな理由は、「クリームが皮膚の表面に乗っただけの状態」になってしまっているからです。
皮膚の奥まで有効成分が届かないので、手洗いなどで表面のクリームがちょっと流れ落ちると、また荒れが復活してしまうわけなんですよ。
ですから、保湿クリームの有効成分をじっくりと浸透させるための工夫をしましょう!

どうするかというと・・・超カンタンですよ!
手やかかとに、た~っぷりとクリームをつけてすりこんだあとに、ビニール袋をかぶせて、手首・足首を軽く輪ゴムで止め、そのまま数十分放置しておくだけです!
こうすると、体温によるスチーム効果と温熱効果が得られ、たっぷり塗っていたはずのクリームが、ほとんど皮膚に浸透します。

より浸透効果を高めるための工夫

この、「ビニール袋かぶせ」によるクリームの浸透力を高めるには、温めるのが何よりも効果的です。
クリームの有効成分がやわらかくなることで、さらになじみやすくなるというわけ。
コタツやあんかを利用して、手足を温めましょう!

これだけはやっちゃダメ!な注意点

さて、この「ビニール袋かぶせ」ですが、効果が高いからといって、「寝ている間ずっとやればもっと浸透するよね」なんてことを考えてはいけませんよ。
なぜかというと、ビニール袋は空気を通しませんから、かぶせた部分は当然のことながら「蒸れ」が発生します。
快眠のためには、手足からの適度な放熱・放湿も大切で、これをジャマされると、脳がストレスを感じて眠りが浅くなってしまうんですよ。
この「ビニール袋かぶせ」は、あくまで起きている時間、リラックスタイムを利用するようにしましょう!

いかがでしたか?

この「ビニール袋かぶせ」最大の利点は、「どこの家にでもあるビニール袋を使って気軽にできる」というところです。
さっそく今日から、やってみて下さいね!


Ads by Google



サイト内検索