アンチエイジングの大敵!『糖化』の意味とは?

アンチエイジングの大敵!『糖化』の意味とは?

最近話題の「糖化」をご存知ですか?
これは老化の原因といわれる「酸化」より、さらに警戒されている体内作用です。

ここでは、その「糖化」についての最新情報をピックアップしました。


Ads by Google

糖化とは?

糖化とは、私たちの体内にある「タンパク質」と、食事によって摂取した「糖」とが結びついて、糖化したタンパク質が作られ蓄積することです。

糖化したタンパク質というのは、タンパク質が糖によって、焦げて黄色く劣化してしまったようなもので、私たちの身体を作り上げている元のタンパク質とは、もう違ったものというわけです。

この劣化した糖化タンパク質が、血管や肌の真皮などを硬くして、身体中を老化させ、さらに糖尿病や肥満などの成人病まで発生させてしまうようになります。

糖化の原因

糖化の原因は、過剰な「糖」の摂取です。
「糖」は食べ物から摂取する体の大切なエネルギーのひとつですが、とりすぎると糖化作用が過剰に働いてしまい、老化を早める結果になります。

糖化作用を高める要因

  • 早く食べる(食事に時間をかけない)
  • 糖質のものを好む(穀類、イモ類、甘いもの)
  • 運動不足(代謝が低い)

早く食べると満腹中枢が働かないので、結果的に大食いになり、また血糖値が一気に上がります。

基本的に、糖分は運動によってエネルギー消費できるのですが、運動不足だと消費できずに、分解しきれない過剰糖分がたんぱく質と結びついてしまうというわけです。

糖化とお肌の関係

糖化は私たちの大切なお肌にも深刻な影響をもたらせます。

そもそもお肌の真皮部分はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質から構成されています。
このコラーゲンとエラスチンが立体構造を作り、その間を保湿成分であるヒアルロン酸などがうめて、肌の弾力やハリを生み出しています。

しかし、糖化はタンパク質を劣化させてしまうので、まさにコラーゲンやエラスチンはその影響を受け、硬くなり機能が低下するというわけです。
その結果、肌のはりや弾力がなくなり、しわ、たるみ、そして黄ぐすみという老化現象が発生するのです。

抗糖化で糖化を阻止する

そんなアンチエイジングの大敵、老化を早める「糖化」を阻止する作用が、「抗糖化」です。
では、抗糖化の方法をご紹介しましょう。

  • 運動…筋肉が糖を消費して糖化を抑制する(有酸素運動、サーキットトレーニング)
  • 食事…糖化を抑制する食べ物をとる(カモミール、どくだみ、ブドウ葉)
  • 血糖値を上げない食べ方…野菜→魚・肉→ご飯の順番でゆっくり噛んで食べる

やはり基本は、運動と食事ですね。
このほか、お肌の糖化が気になる場合は、抗糖化化粧品がでていますから、使ってみるのもよいでしょう。

こちらも参考にどうぞ

いかがでしたか?

アンチエイジングとは、若返るという意味ではなく、老化のスピードをゆるめて、身体の機能を正常に保つという意味です。
そしてアンチエイジングを効果的におこなうには、老化の原因を知ることですね。
糖化を理解し、抗糖化を取りいれたアンチエイジングで、いきいきとした健やかな身体をキープしましょう!(^O^)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索