いつもの足湯にひと工夫で、こんな効果が!

下半身の血液循環を改善して、あっためてくれる足湯。
ですがこの足湯、せっかくやるのならもっと効果を高めたいですよね。
そこで今回は、そんな足湯にもうひと工夫して、さらに効果をアップできる方法をいくつかご紹介します。


Ads by Google

足湯の効果、これでアップ!

足湯のお湯はたっぷりと!

足湯といえば、洗面器やタライを使ってやる人もいると思いますが、効果を高めるには、ふくらはぎまでお湯につかることが理想です。
ですからできればバケツを使うなど、足湯に「深さ」を持たせるようにしましょう。

足の疲れ・だるさに悩む人にはこれ!

足に疲れが溜まっている、下半身のだるさがとれない、という人は、足湯のバケツにゴルフボールを2個入れて、それを足の裏で踏んでコロコロ転がしながら足湯を楽しみましょう。
足の裏には無数のツボがあり、ゴルフボールを踏み転がすことで、効率よく刺激ができるというわけです。

土踏まず付近や、足の指の付け根あたりを重点的に転がすと、疲れがとれやすいですよ!

足の冷え・むくみに悩む人にはこれ!

冬場は足先からの冷えがひどい、ふくらはぎがむくんでパンパンになる、という人は、足湯にアルコールを足すのがおすすめ。
ビール・日本酒・ワイン・ウイスキー・ブランデー、なんでもかまいません。
料理酒でもOKですよ。
アルコールには体を温めて硬くなった筋肉をほぐす効果があり、さらに毛穴を開いて老廃物の排出もしやすくしてくれるんですよ。

中でもおすすめは「缶ビール1本」。
ビールにはアルコールだけでなく炭酸も含まれているので、「炭酸風呂」的な効果も期待できるからです☆
お湯に注ぐ時はそ~っと入れて、なるべく炭酸をムダにしないように気をつけて下さいね。
賞味期限切れのビールがあれば迷わず足湯に使っちゃいましょう!

足のニオイが気になる人にはこれ!

冬場はブーツを履いているから、足のニオイがどうしても気になる・・・
そんな人には緑茶がおすすめです。
緑茶のカテキンには強い消臭効果・殺菌効果がありますからね。
お茶を濃く出したものを注いでもいいですし、出がらしの茶葉をふきんで包んで入れてもOK。
ほのかにお茶の香りがする程度の濃度にすることがポイントです!

最大のポイントは、この足湯が終わった後、お湯で流さないこと。タオルで軽く拭くだけにしておけば、緑茶の消臭・殺菌効果が足に残り、翌日の足のニオイを軽減してくれます☆

いかがでしたか?

あなたの「足の悩み」を解決できそうな足湯は見つかりましたか?
どれも簡単にできるものですから、ぜひ試してみて下さいね!


Ads by Google



サイト内検索