無駄毛のお手入れから解放!効率のいいサロン脱毛のススメ

足

どこから見てもつるつるのきれいな肌は、皆の憧れ。
最近は脱毛がとても安価になってきており、手が届きやすくなってきましたね。
今回は効率のいい脱毛のススメを元エステティシャンが伝授します。


Ads by Google

効率のいい脱毛のススメ(サロンケアの極意)

効率よく脱毛をするには毛周期、毛の種類、脱毛機の種類を知ることから始めましょう。

毛周期(ヘアサイクル)

毛周期は休止期、成長期、退行期と3つのサイクルからなっています。
毛母細胞(ここが細胞分裂をすることにより毛が成長します)と毛乳頭(神経や毛細血管が集中し、毛の成長に必要な栄養素を取り入れます)がつながっている、
成長期に脱毛技術を施すことで効果があります。毛乳頭を破壊しない限り毛はなくなりません。

毛の種類

性毛と無性毛の2種類に分けられます。
「性毛」

  • 腋毛、陰毛など
  • 毛が太く毛の組織が強い
  • 毛周期が1~2年と長いため脱毛期間も長い

「無性毛」

  • 性毛以外の全ての毛
  • 毛が細く生える方向が一定
  • 毛周期が短く短期間で脱毛が終了

脱毛気の種類

ニードル(針)、レーザー、IPL(フラッシュ)の3種類に分けられます。
「ニードル(針)」

  • 1本ずつ処理するため時間が長くかかる
  • 経験の短い技術者だと痛みがある
  • 高い

「レーザー」

  • ニードルよりは時間がかからない
  • フラッシュより痛みがある
  • 価格は普通

「IPL(フラッシュ)」

  • 接触面が大きいため、一番短い時間で済む
  • 痛みはほぼない(輪ゴムではじかれた程度)
  • 安い

確実性で言えば、ニードル(針)脱毛が一番ですが、時間だとIPL(フラッシュ)が一番早いです。
その真ん中をとったのがレーザーです。
レーザーもIPL(フラッシュ)も光を使った脱毛法ですが、光の種類の多さが違います。
レーザーは1種類ですが、IPLは機械によってたくさんの種類で脱毛をします。

効率のいい脱毛法は?

初めての場合は脱毛個所も毛量も多いですので、安価なIPL(フラッシュ)またはレーザーで1年半ほどしっかりと脱毛しましょう。
できれば気になる所を全て、早めに始めた方がお手入れも楽です。
その後まばらになってきたところでニードルを利用し、効率よく脱毛するといいでしょう。

いかがでしたか?

ある人は、無毛を目指しこの脱毛法を行い、全身で30万、2年半ほどで完了しています。
お金も時間も大切にして、お手入れから解放、快適な毎日を過ごしましょう。(^O^)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索