飲酒の時に大活躍!ウコンの美容効果

ウコンドリンク

飲み会の席のおともとしてウコンの錠剤やドリンクなどを活用している方も多いのではないでしょうか。
飲み過ぎたときのウコンとしてイメージが強いですが、実は美容成分たっぷり入っているのです。


Ads by Google

飲酒の時に大活躍!ウコンで美容

ウコンに含まれる成分

代表的な色素成分であるクルクミン(肝機能を強化、利尿を促進する)の他、
ミネラル類(リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウムなど)やビタミン類(ビタミンC、ビタミンBなど)がたっぷり。
その他、以下のような精油成分があります。

  • シネオール:胃を健康にする作用や殺菌作用、防腐作用など
  • クルクメン:抗がん効果や体内のコレステロールを溶かす作用、尿道結石や動脈硬化に有効
  • フラボノイド(ビタミンP):血管壁に直接作用しもろくなった血管を修復する作用など
  • アズレン:炎症や潰瘍を治す作用

ウコンでデトックス

生活習慣の改善をしたいときウコンは非常に有効です。
肝機能を強化するクルクミン他、胃を健康にする、コレステロールを溶かすなど、
日常的に疲れた肝臓や胃などをメンテナンスしてくれるデトックス効果があったのです。
ダイエットや健康に最適だと思いませんか?

ウコンの発毛効果

そしてウコンにより、発毛にも効果があることを認められたとか。
育毛するうえで大切なのは生活習慣の改善なので、ウコンのデトックス効果が有効なんですね。
美しい髪も育てることができます。

ウコン

ウコンの摂取量は?

(財)日本健康栄養食品協会ではウコンの1日の摂取量目安として0.5~5gと定めています。
過剰摂取をすると健康を害する可能性もあり、妊娠中や、ヘルペスなどの症状がある場合は特にに注意が必要です。

ウコンを摂るには?

1) ドリンクを飲む
コンビニエンスストアや駅の売店などで手軽に購入できます。
良く見かける100mlの小さなもので30mgほど摂取する事ができます。

2) サプリメントで補う
ドリンクの人気によりコンビニエンスストア、ドラッグストアでも個包装で販売しています。

3) ウコンを生で摂る
生ウコンはすりおろしてから内服するのが一般的。お湯を注いで飲むと摂取しやすいようです。
乾燥根茎は、ウコン10gに対し水3カップを加えて1/3量になるまで煎じ、お茶として飲みます。
細かく砕き、粉末してカレーのスパイスとして利用したり、料理の色つけ(ピラフやスープなど)にも使用できます。

ウコンの力ウコンエキスドリンク 100ml×6本   ディアナチュラ 秋ウコン 60粒

いかがでしたか?

飲酒をするタイミングでしょうがなく飲んでいたというかたも、ウコンのデトックス効果を意識して、ぜひ美容に役立てていってくださいね!(^O^)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索