元エステティシャン直伝!自分でできる簡単まつ毛パーマ

まつげパーマ

まつ毛、毛先、指先まできれいな女性は同性から見ても美しいですよね。
最近では自宅でできるまつげパーマが人気で、グッズなどもかなり充実してきました。
ただ、まつげパーマに関してはやり方を観察することはできないですよね。
元エステティシャンが、必要最低限のグッズを使い25分で完了する簡単まつ毛パーマ方法をご紹介します。


Ads by Google

自宅でできる簡単まつ毛パーマ

注意点

皮膚や目のトラブルを起こさないために、パーマ液の選び方とまロットの扱いを慎重にしましょう。
パーマ液はまつ毛専用のものを選ぶこと。まれに髪の毛用のパーマ液を小分けにしたものが販売されています。
安価で作用も強いので短時間でかかりますが目に使用するのはトラブルとなる可能性がありますので、
目安としては1液2液合わせて3000円程のものを選ぶと良いです。
またロットの扱いですが、無理やりはがしたことによるまぶたの炎症が起こることがあります。
ロットをはがす時はコットンに水分を含ませ、ロットに含ませながら少しずつ。
目をしっかり閉じて行ってくださいね。

準備するもの

  • まつ毛パーマ用パーマ液1液(毛を柔軟させる)・・500円~
  • まつ毛パーマ用パーマ液2液(クセをつける)・・500円~
  • まつ毛パーマ用ロット(紙ロットが清潔で、簡単)・・200円~
  • ようじ(液をのばしたり、毛の流れを整える)
  • ティッシュ(3×3センチくらいに切る)
  • タオル(放置時間のとき温めるために使う)
  • 濡れたコットン(ふき取り用)

下準備

洗顔をして目の周りの油分をふき取ります。
ロットはLLなど一番大きなものを選び、中に入っている繊維を抜いて定規などで薄く整えます。
このときばっちりあげたいかたは繊維を全て抜いてくださいね。あげたいまつ毛の角度によって調整します。
ティッシュは3×3センチに切ったものを8つ用意し、よこ半分に折ります。

ロットをつける

目頭から貼り付けて行きます。まぶたが厚めの方は医療用テープで目頭と目じりをぴたっと貼り付けるといいです。

ロットにまつ毛をはりつける

このときは特に毛の流れを意識せず、まつ毛を貼り付けて行きます。

パーマ液1液を塗る

粘膜の部分にはつかないよう、まつ毛の根元から2ミリほどあけてまつ毛全体にたっぷり手早く塗り、12分放置します。

ティッシュをつける

よこ半分に折ったティッシュを目頭側からつけていきます。
目の真ん中に向かって三角になるようにつけたら、両目にタオルをかけ12分放置。

パーマ液2液をつける

ティッシュをとり、2液をつける前に手早く毛の流れを整えます。
サロンではここで1度ふき取りをしますが、ティッシュを使用するとふき取りがいりません。
そして2液を根もとの近くだけにつけ、8分放置します。

後は濡れたコットンで丁寧に拭き取ってください。

これで完成!簡単にまつげパーマができました。

いかがでしたか?

なぜか夜にやりたくなるまつ毛パーマも、これで手軽にできますよ。
ただし、目にパーマ液が入ったり、目を傷つけないように十分注意しましょう。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索