クレンジングと洗顔、洗う順番で肌質改善する方法

クレンジング

毎日やっている、クレンジングと洗顔。
ちょっと、その手順を思い出して下さい。クレンジング・洗顔ともに、まったく同じ手順でやっているのではありませんか?

「クレンジングも、洗顔料も、頬からまずつける」という人が大半でしょう。
でも、これは「肌のためにいい手順」とは限りません。
ここをちょっと工夫するだけで、しっかりと汚れを落とし、肌への負担を軽くすることができるんですよ!


Ads by Google

クレンジングと洗顔は「つける順番」を変えよう!

クレンジングは頬からつける

クレンジングの使命は、「メイク汚れを落としやすいようにしっかりと浮かせること」。そのため、メイクがもっともべったりと広範囲についている頬からつけて、その後にあごやTゾーンにつけていくのが正解です。
アイメイクや口紅などは先にリムーバーで落としておきましょう。
これらの濃いポイントメイクまで全部クレンジングで落とそうとすると、その周辺にある「メイクの薄い肌」には負担がかかってしまいます。

洗顔料はTゾーンからつける

洗顔料の使命は「浮かせたメイク汚れをちゃんと落とすこと」だけではなく「皮脂などの油汚れを落とすこと」というのもあります。
油汚れを強力に落とす力がある洗顔料で、皮脂分泌が少ない頬から洗っていると、過剰に皮脂を奪ってしまうことになります。
その結果、「肌は乾燥してTゾーンはべたつく」という混合肌ができてしまうわけですね。
ですから洗顔料は、皮脂が目立つTゾーンからつけるのが正解。
そして頬は一番最後に洗いましょう。洗い方も、軽く泡をなじませるようにして洗い流す程度でじゅうぶんです。
メイクの汚れは、最初につけたクレンジングがしっかり浮かせてくれているので、これだけでもメイク汚れはきちんと落ちますよ。

まずは1ヶ月やってみよう!

この「クレンジングと洗顔はつける手順を工夫する」というのを実践しても、1日や2日で目立った効果が出るわけではありません。
ですが、新しい肌に生まれ変わる約1ヶ月後には、肌の調子がこれまでと変わってきたことを実感できるはずです。
皮脂分泌のバランスがいい肌は、化粧崩れもしにくい理想の肌。
それを手に入れるために、ぜひ試してみて下さいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索