1日のリセットに!お風呂でアロマを楽しむ方法

お風呂でアロマ

忙しい毎日をいかがお過ごしでしょうか。
忙しいからといって、ついつい一日の終わりをシャワーですませていませんか?入浴はからだが温まるのはもちろん、一日のリセットにもなります。
ぜひお気にいりのアロマでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


Ads by Google

どんなアロマオイルを選べばいいの?

リラックスしたい

  • ラベンダー
  • ベルガモット
  • ゼラニウム
  • ローズ

ハーブの花の香り「ラベンダー」は緊張をほぐしてくれます。自分を責めるタイプの人にはとくにお勧め。
穏やかな柑橘系の「ベルガモット」は溜め込んだストレスを流してくれます。イライラした時にはお勧め。
ローズに似た甘い花の香りの「ゼラニウム」はホルモンバランスを整えてくれます。
愛がテーマのゴージャスな香り「ローズ」は明るく幸せな気分にしてくれます。

リフレッシュしたい

  • グレープフルーツ
  • ジュニパーベリー

爽やかな香りの「グレープフルーツ」はダイエットにもよいといわれています。
ジンの香りづけにも使われている「ジュニパーベリー」はたまった老廃物を追い
出す働きをしてむくみを和らげます。ちょっと渋めの香りなので他のアロマとブレンドしてもいいでしょう。
 
でも肝心なのは「自分がピンとくる香り」です。
いくら友達にすすめられても、あまり気の向かない香りではリラックスできませんよ。

使い方

直接お湯に垂らすよりも、お塩に混ぜたものを使うのをお勧めします。

お塩は食塩ではなく天然塩を使ってください
1回分の目安は、お塩大サジ1杯に対して精油5滴までです。
蓋つきの容器に入れて数回分をつくっておくのもいいでしょう。

注意するポイント

精油は水に溶けないので、いくらかき混ぜても小さくなるだけで原液のまま肌についてしまうので、刺激を与える可能性もあります。

お風呂で使う場合は蒸発するため普段より香りを強く感じられるので、トップノートのもの(ミント、ユーカリなど)は控えた方がいいかもしれません。

いかがでしたか?

お風呂はリラックスだけでなく身体をあたためることで血行をよくして肩凝りや冷えの解消にもなります。
お好きな香りをプラスして、ぜひ生活にアロマを取り入れてみてくださいね。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索