アンチエイジングのために知っておきたい、肌の老化の3つの原因

アンチエイジングのために知っておきたい、肌の老化の3つの原因

人間であれば避けては通れないお肌の老化。
わかってはいるけれど、できればいつまでも若々しいお肌でいたいですよね。
そこで今回はお肌の老化の原因をお伝えします。
老化の原因を知る事で、いまからできるお肌の老化の対策を行いましょう。


Ads by Google

お肌の老化の原因

紫外線による光老化

お肌の老化の一番の原因といわれている紫外線。
紫外線を浴びるとお肌の奥の「真皮」にダメージを与えてしまいます。
ダメージを浴びたお肌では、コラーゲンやヒアルロン酸といったお肌のはりと潤いを保つための成分が減少してしまいます。
また、お肌に柔軟性を与えるタンパク質のエラスチンも分解、減少させていまいます。
さらに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の成分をつくる工場である線維芽細胞の機能低下を引き起こしてしまいます。

皮膚の乾燥

皮膚の乾燥でも、紫外線による光老化と同様に真皮にダメージを与えてしまいます。
特に20歳を過ぎるとお肌の保湿成分が年齢とともに減少して行くので乾燥しやすくなります。
お肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能がうまく働かなくなり、刺激物質がお肌の内側まで届きやすくなってしまいます。

表皮のエイジング酵素

「エイジング酵素」は、紫外線や乾燥などの外的ストレスが原因で発生し表皮と真皮の間にある基底膜にダメージをもたらします。
表皮細胞の不調や真皮機能の低下を引き起こし、張りと弾力を低下させてしまいます。

その結果、しわやたるみ、乾燥や毛穴のつまり、ハリの低下などの老化現象が表れてくるのです。

番外編:活性酸素による皮膚の酸化

活性酸素が老化を促すということは最近知られるようになりました。
活性酸素は、他の物質と反応しやすく、細胞や組織を傷つけ、老化や疾患を引き起こすといわれています。
活性酸素は紫外線やストレス、過度な飲酒で増えるといわれています。
しかし、最近の研究では活性酸素は老化と関係がないとの発表がされており、対策を行うにはご自身での判断が必要です。

いかがでしたか?

老化の原因は様々ですが、一番の原因は紫外線による光老化といわれています。
紫外線は夏だけではなく1年中ふりそそいでいます。
少しでも外に出る際にはしっかりUVケアをしてでかけましょう!(^O^)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索