良質な睡眠をとる為の9つの方法

睡眠中はお肌の新陳代謝を助ける成長ホルモンが分泌が促される時間帯です。
お肌をより良い状態に保つには、この成長ホルモンが欠かせません。

睡眠不足が続くと、美容にも健康にも様々な悪影響があります。
良質な睡眠で、美肌を目指しましょう☆


Ads by Google

良い睡眠を取る環境の作り方

寝室の環境を整える

  • なるべく外の音が入らないように厚手のカーテンにする
  • おぼろげに物の形が見える程度の暗さ
  • 夏は25〜28℃が最適
  • 冬は 18〜28℃が最適
  • 湿度は通年で40~70%

良い寝具を選ぶ

人生の1/3を過ごすのは寝具の上です。
自分に合った寝具を選ぶことは快眠を手に入れる第一歩です。

Tempur(R)(テンピュール)オリジナルネックピローM 42148 Tempur(R)(テンピュール)オリジナルネックピローM 42148

TEMPUR
売り上げランキング : 19183

Amazonで詳しく見る by G-Tools

寝る前に気をつけたい事

昼間は緊張モードの交感神経が優位となっているため活発に活動できます。
ですので夜に交感神経を刺激するような事は控えたほうがよいでしょう。

コーヒーや紅茶を飲んではいけない

カフェインを含む飲み物は交感神経を覚醒させるので眠りを遠ざけます。
緑茶にもカフェインが含まれているので、ほうじ茶の方がおすすめです☆

お酒を飲まないようにしよう

お酒を飲む事で、すぐに眠りにつく事ができても、夜中に起きてしまい眠れなくなってしまいます。
また、寝酒のつもりが癖になってアルコール依存症を引き起こすきっかけとなります。

テレビやパソコンは早めに消す

寝れないからと言って、テレビやパソコンなど強い光を出す液晶画面等を見ていると、交換神経が覚醒してしまいます。
すると眠りから遠くなってしまい、なかなか寝付けなくなってしまいます。

寝る前にしたほうがいいこと

夜はリラックス状態の副交感神経が優位となるのでゆっくりとくつろげます。
副交感神経をさらに優位にすると良い眠りにつけるでしょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

38度から40度辺りのぬるめのお湯に、20〜30分半身浴をします。
いい香りの入浴剤を入れて、リラックス効果を高めるとさらにいいです☆

ストレッチをする

布団の上で行える簡単なストレッチがおすすめです。
適度な運動でストレスを解消して、リフレッシュされます。
副交感神経にも働きかけて眠りにつきやすくなります。

リラックス効果のある飲み物

神経を落ち着かせるカルシウム

  • 牛乳
  • 豆乳

ホットミルクがとくにおすすめです☆

香りでリラックス効果のあるハーブティー

カフェインレスのハーブティは寝る前におすすめです。
いい香りと、温かいハーブティで体を温めて、リラックスしましょう☆

  • ラベンダー
  • カモミール
  • ローズ
【有機栽培・カフェインレス】ポメランドハーブ 陽気な音楽のハーブティー 60g ウェルネスハーブティー 【有機栽培・カフェインレス】ポメランドハーブ 陽気な音楽のハーブティー 60g ウェルネスハーブティー

クラウターガーデン
売り上げランキング : 11803

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いかがでしたか?

良い睡眠を取るとお肌にも良い影響があります。
ぜひ快眠で美肌を手に入れて下さいね☆


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索