寝付きが悪い人必見!?10分で入眠できるテクニック

睡眠

現代のストレス社会では、質のいい睡眠を取ることが難しくなってきています。
そこで、今回はスムーズな入眠をめざし、10分で入眠するための入眠テクニックをご紹介します。


Ads by Google

まずは不眠症チェック

最近1カ月の症状をチェックしましょう。4つ以上当てはまった場合、不眠症の可能性があります。

  • 寝つきが悪い
  • いつも起きる時間より早く目覚めた
  • 日中眠いことがある
  • 眠った気がしない(質が悪いと感じる)
  • 精神的に滅入ることが増えた

10分で入眠できるテクニック

お風呂に入るタイミング

入眠しようとするとき、脳は身体を冷やせと指令を送ります。
(寒いところで眠くなってしまうのはそのせいです。)
入浴直後だと身体を冷やすのに時間がかかるため、1時間前までに済ませてゆっくり覚ましましょう。

寝る直前にやってはいけないこと

外部からの刺激を受け神経が興奮状態になると脳が活性化してしまいます。
雑誌を読む、テレビを観る、ゲームをする、などの行動は少なくても3時間前には終わらせるのが理想的。

強く念じる

寝る前には、今から寝ますと強く念じる事が大切です。
ストレスを強く受けている現代では寝るのにも気合が必要。
同じストレス解消でも深酒は神経が興奮状態に落ちいりますので避けましょう。

不眠解消の食べもの

牛乳とセロリを積極的に摂りましょう。
牛乳にはカルシウムなど神経過敏を鎮めてくれる効果があります。
セロリも同様に興奮状態に陥った神経を鎮めてくれます。

睡眠薬は最後の手段

入眠をするにはリラックスする事が欠かせません。
現在市場で販売されている睡眠薬には依存性があるものはほとんどないのですが、
副作用として次の日まで眠気を引きずったりします。
なるべく睡眠薬を使わずに改善したいですね。

いかがでしたか?

今夜からできるテクニックで質のいい睡眠を取りましょう。
質のいい睡眠は美容にも健康にもいいですよね。
ゆっくりおやすみなさい。


Ads by Google



サイト内検索