女子力UP!ハイヒールの上手な履き方・選び方

女子力UP!ハイヒールの上手な履き方・選び方

ハイヒールを履いてさっそうと歩く女性って素敵ですよね。
でも…足が痛くなるし、上手に歩けないし、と実際は敬遠されている方が多いのも事実です。
そんなハイヒール、実は良い事がたくさん!コツをつかんでハイヒール美人を目指しましょう。


Ads by Google

ハイヒールを履くことのメリット

履くだけで、美脚に見える要素がハイヒールにはたくさん!

ヒールの分だけ膝下が長くなり足が長くキレイにみえます。
そして脚が長くまっすぐに、脚も足首も細く、腰の位置も上がり、ウエストは細く、小顔にも見えてしまうんです。

履いているだけで美脚&ヒップのエクササイズになります。

ハイヒールで体をしっかりと支えることを意識すれば、自然と色んなところにも力が入り筋肉が引き締まってきます。
姿勢も良くなるのでヒールの高さ以上に背が高く見え、ふくらはぎの位置が上がったり、ヒップアップなど嬉しい効果がたくさんです。

ワンランクアップした女性になれます。

実際の話ですが、高級ホテルやレストランなどではおしゃれで素敵なお客様を、回りの人から良く見える中央の一番良い席へご案内するよう指示されています。
ハイヒールを履いて自分の意識が高くなるだけでなく、事実周囲の対応も変わってくるのですね。

ハイヒールの選び方

3つのポイントを抑えて選びましょう。

せっかくのハイヒールも足に合っていなかったら美しさも効果も半減してしまいます。
それどころか、痛くて履けないなんて残念な結果になることも!
次の3つのポイントをクリアしていなかったら、どんなに気に入ったデザインでも諦めることも必要です。

  1. かかとがぴったりとフィットして脱げたりしない
  2. 足の指が靴の中でしっかりと伸びた状態になっている
  3. 足裏が靴にきちんと合っている

美しい履き方をマスターしよう

まずはキレイな立ち方を

片方の足の踵をもう片方の土踏まずの内側に付けるようないわゆる「モデル立ち」で姿勢を正し、体に1本の線が通っているような気持ちでまっすぐに立ちます。
この時、脚はふくらはぎの内側を正面に向けるように立つと脚が更に綺麗に見えます。

キレイな立ち方

美しい歩き方

目線は足元ではなく少し先を見て、胸から歩き出すようなつもりで一歩踏み出しましょう。
内くるぶしを正面に向けるように、1本の線の上を歩くつもりで背筋を正して脚を出し、つま先と踵を同時に着地させ体重を前脚へ移動させます。
同時にヒップとお腹に力を入れて体をまっすぐにしたまま、体を前へ押し出します。
体がぐらぐらしないよう、脚の内側に力を入れて、日頃から内モモを鍛えるエクササイズなどをしておくのも上手に歩く練習になりますね。

いかがでしたか?

ハイヒールに履きなれていない方にとっては始めは難しいかもしれませんが、是非日頃からハイヒールを履く機会を作ってみて下さい。
姿勢や体型だけでなく、しぐさや意識にまで変化が生まれてくること間違いなしですよ!(*^○^*)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索