あなたの背中は大丈夫?背中にお肉がつく原因

背中の肉

薄着のシーズンがやってくると、気になるのが背中のお肉…。

一年ぶりにワンピースを着てみたら、チャックが閉まらなくなっていた!というショックを経験したことがある人も多いと思います。

今回は、背中にお肉がつく原因を探ってみました!(^O^)


Ads by Google

背中のお肉は10歳老けて見える!?

以前テレビ番組で、人は見た目の年齢をどこで判断しているのかというアンケート実験を行っていたものがありました。
その結果は、背中にお肉がついていると+10歳〜20歳老けて見えるという結果でした。
Tシャツの上からでも背中のお肉は分かってしまいます。
あなたも知らず知らずのうちに10歳年上に見られているかもしれません。

背中のお肉の原因は2タイプ!

背中にお肉がつく原因は、大きく分けると2つのタイプに分かれます。

  • 加齢によるもの
  • 猫背によるもの

では、それぞれの原因をみてみましょう。

加齢によるもの

背中にたるみがでたり、無駄な脂肪がついてしまうのは、背中の筋肉が年齢を重ねるごとに衰えていくことが一つあげられます。

人間はみんな月日が経つにつれ、歳を取ります。
加齢が原因と言っても、誰もが背中にたるみや無駄な脂肪があるわけではないですよね。
常日頃からスポーツやエクササイズなどで背筋を使って鍛えている人や、背中を使うような動作を仕事としている人などは、歳を取ってもキレイな背中をしています。

こんな人は加齢が原因!

  • 見た目はスマートなのに、背中にたるみが出てきた
  • 最近歳を取ったなと感じることが多い
  • 高いところにあるものを取ることが少ない
  • 普段から運動やエクササイズをしていない

猫背によるもの

背中の筋肉を使わない生活は、背中に無駄な脂肪がつきやすくなります。
特に、猫背の人、姿勢が悪いと背中が歪む上に筋肉を使わなくなり、代わりに脂肪が増えていってしまいます。

猫背の場合、背中の血行が悪くなり、背中の筋肉が凝ってきます。
デスクワークやパソコンの画面を凝視した姿勢を長時間続けているのも同じことですね。
血行が良くないと、脂肪が燃えにくくなり、老廃物と絡み合って脂肪やセルライトとして蓄積されやすくなってしまいます。

こんな人は猫背が原因!

  • 姿勢が悪いとよく言われる
  • 歩くときに首が前に出ている
  • デスクワークやパソコンの画面を長時間見る仕事をしている
  • 普段から運動やエクササイズをしていない
  • 姿勢を良くしようとしても疲れてしまい長時間保てない
  • 肩こりがひどい

番外編:猫背ではない人もハイヒールに要注意!

自分は猫背でもないのに背中に肉があるという人はもしかしたら、骨盤歪みによる代謝の低下が原因かもしれません。

その代表的な例に、ハイヒールを履いている人が挙げられます。
ハイヒールを履いてひざが曲がった状態で歩いている人は意外に多いと言われています。

そうすると、太ももの外側が硬くなり、脚が広がってO脚になります。
O脚になるとお尻や腰の筋肉、そして背中の筋肉も硬くなり代謝が落ちます。

その結果、背中に無駄な脂肪がついてしまうというわけです。

いかがでしたか?

年齢があがってきた上に、普段から猫背で、ハイヒールを履いてひざが曲がった状態で歩いたりしたら、最悪なことになってしまいそうですね…。((;゚Д゚))))

自分がどのタイプかがわかれば、普段から気をつけることもできますね!
背中美人を目指して過ごしていきましょう♪(^O^)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索