気をつけよう!30歳を過ぎると性格が顔にでる!?

性格が顔に出るとは言いますが、若いころにはあまりでなくても、年齢を重ねるごとに性格や普段の生活が顔に出やすくなってしまいます。

顔に出てしまうのは、表情ジワなどが刻まれるからなんです。
お肌の曲がり角を過ぎてしまった30歳以上は、特に気をつけたいですね。

笑顔のかわいいお姉さんorいじわるなおばさん どちらを目指しますか?


Ads by Google

性格が顔に出るこんなポイント

よく怒ったり悩んでいると眉間にシワが

よく怒っていたり、無意識のうちに考え事などをして眉間にシワがよっている場合など、それが表情ジワとなって刻まれてきます。

また、目が悪くて目を細める人も要注意です。

意地悪な人は目に出る

目は口ほどにものを言うということわざがあります。

よく笑う人は目尻に笑いジワができて素敵ですが、意地悪なことばかり考えている目は鋭くて怖い顔になってしまいます。
意地悪なおばさん顔にならないように注意しましょう!

不平不満が多いと口角が下がる

愚痴っぽかったり、不満をよく口にする人は口角が下がりがち。

口角をきゅっと上げるように意識すると、副交感神経が刺激され、リラックスできるようになります。
ついつい愚痴をいいそうになる人は、その時の顔を鏡でチェックするといいかも。

不摂生をしていると汚肌に

若いころはスキンケアだけでもなんとかカバーできたかもしれませんが、30歳を過ぎると生活が肌や体型にでやすくなります。

コンビニなど適当なご飯で済ませていたり、メイクを落とさずに寝ていたりすると、どんどん汚肌に。
タバコを吸って肌にダメージが見えてくるのも30歳を過ぎてから。さらに40歳をすぎるとその差は歴然です。

いかがでしたか?

幸せな顔にはさらに幸せが舞い込んでくると言いますが、その反対に不幸顔はどんどん嫌なことが舞い込んできておばさん顔が加速してしまいます。

ストレスは上手に発散して、おばさん顔にならないようにしましょう!
もちろん保湿も念入りに☆



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索