円形脱毛症の医療、治療方法と薬の種類の紹介

抜け毛

最近、男性だけでなく、若い女性の間でも、円形脱毛症の症状が現れることが多くなっているようです。
円形脱毛症の治療は早期発見、早期治療が効果的です。
もし、脱毛箇所をみつけたら、早めに皮膚科を受診しましょう。
今回は、治療方法や、薬の種類をご紹介します。


Ads by Google

基本的な皮膚科での治療方法の紹介

円形脱毛症には、ストレスでできるものと、アレルギー性のものがあります。
アレルギーの場合は、飲み薬や塗り薬で治療をします。

飲み薬

代表的な飲み薬が、セファランチンという薬で、アレルギーを抑えたり、血行を改善します。
セファランチンは、アレルギーに対して非常に効果が高い錠剤の内服薬です。
円形脱毛症以外の皮膚病の治療にも使われます。

塗り薬

塗り薬の代表的なものは、フロジン液という薬です。
フロジン液には、塩化カルプロニウムが5%配合されていて、医療用脱毛症治療薬として使われています。

塩化カルプロニウムには局所血管拡張作用があり、外用液を塗布することで、頭皮の血管を拡張し血液の流れを良くすることができます。
この他、病状に合わせてステロイドなどを用います。

その他の治療方法

ドライアイス(冷凍療法)

ドライアイスを脱毛箇所にあて、刺激を与えます。

局所免疫療法

SADBEというかぶれを起こす液体を脱毛箇所に塗り、
軽いかぶれを起こし刺激を与えます。

PUBA療法

紫外線を脱毛箇所に当てる方法。

以上のような治療方法があります。

関東の脱毛症外来がある病院

などが専門的な病院です。この他、漢方や針治療などがあります。
その他、女性専門のヘアメディカルレディース頭髪外来(東京銀座)などもあります。

脱毛症は根気強い治療を必要とします。諦めず根気強く治療を受けましょう。

生活にも影響があります!

食生活

食生活も影響がありますから、サプリメントで補うことも大切です。

  • 亜鉛
  • カプサイシン
  • ウコン
  • ミレットエキス

などが効果的です。

ストレスをためない!

ストレスをためない事や、十分な睡眠なども重要です。
脱毛症になると、どうしても落ち込んでしまうものですよね。
そこで、室内での過ごし方にも工夫が必要です。
アロマやお香でリラックスした時を過ごしましょう。音楽などで気分転換も効果的ですよ♪

いかがでしたか?

円形脱毛症は誰にでもおこりうる症状です。自分がなってしまうとショックでふさぎ込んでしまいがちですがこでれは逆にストレスを溜め込んでしまいます。
誰でもなりうることだと気持ちを切り替えて、早めの皮膚科の受診と、ストレスをためない生活を心がけましょう。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索