肌をキレイに見せるファンデーションの色の選び方

ファンデーション

最近、美白とナチュラルメイクが主流ですよね。
どの女優さんも透き通るような肌色と、女性らしい自然なメイクを心がけているようです。
素肌のチカラを上げることも大切ですが、顔の近くにある小物や洋服の色、メイクのカラーを工夫することによって、肌はもっともっとキレイに見えます。


Ads by Google

肌色ってどんな色?

一口に「肌色」といっても、様々な色がありますよね。日焼け後の小麦色、健康的な肌色、湯上りの上気した赤い頬・・・「肌色」から思い浮かべる色は様々ではないでしょうか?
見慣れた自分の肌の色を、出来るだけメイク映えするように整えている人も多いと思います。

ブルーベースとイエローベース

カラーの専門家が、個人に似合う色をコーディネートする「パーソナルカラー診断」では、人の肌色を大きく分けて

  • ブルーベース
  • イエローベース

の二つに分けます。
文字通り、青がベースか、黄がベースか、ということになります。

青色は人の心理に冷たくて落ち着いた印象を与える寒色。
黄色は暖かみや活力感を与える暖色。
どこかで聞いたことがある方も居ることでしょう。
また、洋服などを選ぶときにも、どちらが好きかが影響することが多いですよね。気がつくと、好きな色でクローゼットが埋まっていることもあるかも知れません。

あなたのベースカラーはどちら?

自分の肌色が、ブルーベースかイエローベースかを、専門のカラーアナリストに調べてもらうことも出来ます。
この場合、スワッチと呼ばれる色のついた布を顔近くにかざし、自分の顔色がスッと馴染む布が、どちらのベースカラーに属しているかで判断するようです。

専門家に見てもらおう

最近では、カウンターでカラーの専門家の診断を受けられるメーカーもあり、よりキレイに見えるメイクやコーディネートをしたい方に大人気です。似合う色が分かれば、メイクが楽しくなりますよね。

私たちが判断するときは、単純に好きな色、よく選ぶ色がどちらのグループかを基準にすることも出来ます。
直感的に選んだ色のグループが、その人の肌色のベースカラーだったということも多いようです。

いかがでしたか?

メイクで一番大事なのは、肌作りです!
自分に似合う色を選んで、美肌に磨きをかけましょう☆


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索