ニキビに効果のある化粧品成分まとめ

できてしまったニキビを治したり、ニキビを予防したりするために、医薬部外品に含まれているニキビ肌用成分。

今回はそんな成分と、その成分が含まれる化粧品一覧のリンクをまとめました。

ニキビにお悩みの方は、安くて良い商品選びの参考にしてみて下さいね。


Ads by Google

ニキビに効く化粧品成分まとめ

イオウ

イオウは温泉にも含まれる成分で、炎症を抑えたり、角質柔軟作用があって天然のピーリング効果もあります。
洗顔料や、ニキビ患部用のジェルなどの含まれていることが多いです。

イオウ配合の化粧品一覧はこちら

サリチル酸

サリチル酸も角質柔軟作用があって、医薬部外品としてフケ用や育毛トニックなどにも配合されています。
また、水虫の治療にも使われています。

化粧品の配合には0.2%までしか認められていないので、効果を期待したい場合は医薬部外品か医薬品、予防に役立てたい場合は化粧品を選ぶと良いでしょう。
サリチル酸配合の化粧品一覧はこちら

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は抗酸化作用があり、ニキビ以外にもシミやそばかす・くすみ・肌荒れ全般に効果があります。

濃度の濃いもののほうが効果もありますが、その分刺激も強いので御肌の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

以下は、ビタミンC誘導体が化粧品に使われる時の成分名です。

※各成分名をクリックすると、それぞれが配合されている化粧品のページに飛びます。

フラーレン

フラーレンはビタミンCの125倍の抗酸化作用がある。ノーベル化学賞受賞成分です。
ニキビ以外にも、美白や毛穴引き締め・アンチエイジングにも効果があるとされています。

フラーレンが配合されている商品もたくさんでていますが、下記のようなラジカルスポンジマークが入っていると品質が保証されています。
ラジカルスポンジ

フラーレン配合の化粧品一覧はこちらから

ベンゾイルパーオキシド

ベンゾイルパーオキシド(別名、過酸化ベンゾイル)は強力な抗アクネ作用で、数日でニキビを治してしまうという成分。
しかし、日本ではスキンケア用品に使用が認められておりません。
海外ではニキビ化粧品で有名なプロアクティブやクレアラシルに含まれていて、アメリカでは主流のニキビ用成分です。

ちなみにアメリカ版のプロアクティブには含まれていますが、日本用のプロアクティブには含まれていないので効果が違うそうです。

ベンゾイルパーオキシドは、日本では皮膚科で処方してもらえるので、使ってみたい人は相談してみるといいと思います。

いかがでしたか?

ひどいニキビや本格的に治したい場合は、医薬部外品・医薬品または、皮膚科で処方してもらったほうが高濃度で効果を実感できる場合が多いでしょう。

普段の予防は化粧品を使うなど、肌の悩み別にうまく使い分けて下さいね!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索